HPC
ビジュアライゼーション
コンテナー

NGC HPC ビジュアライゼーション DGX ソフトウェア スタック

科学を可視化する

可視化は科学計算処理とデータ分析ワークフローにとって不可欠な部分です。データセット全体を高画質かつ対話的に表示することで、発見のプロセスが加速されます。しかしながら、マルチテナント システムに可視化ツールをインストールする作業は困難を極めます。

NVIDIA GPU Cloud (NGC) のハイ パフォーマンス コンピューティング (HPC) ビジュアライゼーション コンテナーを利用すれば、面倒なインストールの必要がなくなります。コンテナーには、ParaView、NVIDIA IndeX ボリューム レンダラー、NVIDIA OptiX レイ トレーシング ツール、NVIDIA Holodeck、リモート ビジュアライゼーションのための NVEnc などがあります。NGC の最新のビジュアライゼーション コンテナーにアクセスするだけで、NVIDIA Pascal™ と NVIDIA Volta で駆動するシステムでコンテナーを実行し、対話式のリアルタイム ビジュアライゼーションと高画質のビジュアルを活用できます。

HPC VISUALIZATION CONTAINERS

3 つの理由

  1. ParaView でリアルタイムのビジュアライゼーション

    サーフェス レンダリングは時間のかかる対話式プロセスです。CPU システムの場合、ボリューム レンダリングは極めて遅くなります。HPC ビジュアライゼーション コンテナーは、NVIDIA GPU で ParaView を実行するために最適化されています。ユーザーは NVIDIA IndeX ボリューム可視化と NVIDIA Optix レイ トレーシング ライブラリをシームレスに活用し、科学的データをリアルタイムでレンダリングできます。NVIDIA HPC ビジュアライゼーション コンテナーは、このような技術と ParaView をバンドルしています。コンテナーにアクセスして実行するだけで、強化された ParaView のパフォーマンスを GPU で実行できます。
  2. ビジュアライゼーション ツールを配備

    コンテナーを利用すれば、システムにアプリケーションをインストールする必要がなくなります。ユーザーはさまざまなシステムでビジュアライゼーション作業を自由に実行できます。ユーザーは NGC で HPC ビジュアライゼーション コンテナーにアクセスし、Pascal や Volta GPU 駆動のワークステーション、HPC クラスター、NVIDIA DGX システム、クラウドで、ParaView、NVIDIA IndeX、NVIDIA Optix、NVIDIA Engine Bridge を実行できます。つまり、ビジュアライゼーション ツールのインストールをシステム管理者に依頼する必要がなくなります。
  3. 待ち時間の短いリモート ビジュアライゼーション

    リモート ビジュアライゼーションを利用すれば、リモート システムでデータをシミュレーションしたり、可視化したりできます。そのとき、レンダリングされたフレームがビジュアル分析のために送り返されます。ですが、フレーム間のデータは 90% 同じものであり、それがネットワークのボトルネックとなります。NVEnc はフレーム間で同じではないデータのみを送信します。ネットワーク トラフィックが緩和され、待ち時間が短くなり、短時間で結果が得られます。

今すぐ新規登録し、NGC でベータ版の HPC ビジュアライゼーション コンテナーをお試しください。