あなたのアプリを強化

GPU で高速化するクリエイティブ アプリ

NVIDIA の業界をリードする GPU は、独自のドライバー テクノロジーと組み合わせることで、クリエイティブアプリを常に最新の状態に保ち、最高レベルのクリエイティブ パフォーマンスを提供します。お気に入りのアプリを以下から見つけて、NVIDIA GPU アクセラレーションのメリットをご確認ください。

  • すべて
  • 3D アニメーション
  • ビデオ編集
  • 写真
  • グラフィックス デザイン
  • 配信
  • アーキテクチャ ビジ
    ュアライゼーション
Adobe After Effects

Adobe
After Effects

  • GPU 対応の主なエフェクトは NVIDIA CUDA テクノロジでより速いレンダリングに最適です。

GeForce GTX 1660 T i または Quadro T2000 を推奨 。 BorisFX などの GPU 対応プラグインでパフォーマンスを上げるには: GeForce RTX 2080 または Quadro RTX 5000 。

Adobe Dimension

Adobe
Dimension

  • RTX 対応のレイ トレーシングは 2D のアーティストやデザイナーに写真のようにリアルな 3D レンダリングを提供します。
  • RTX 対応のノイズ除去で、インタラクティブなビューポートのパフォーマンスが向上します。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨. より大規模で複雑なモデルでレンダリングのパフォーマンスを上げるには、特別にグラフィックス メモリが追加された GPU を使用します: GeForce RTX 2080 Ti または Quadro RTX 6000 。

Adobe Illustrator

Adobe
Illustrator

  • GPU 対応のキャンバスで、グラフィック デザイナーやイラストレーターは、複雑なベクトル グラフィックスをスムーズにインタラクティブにパンしたり、拡大縮小したりできます。

GeForce GTX 1650 または Quadro T1000 を推奨 。

Adobe Photoshop Lightroom

Adobe
Photoshop Lightroom

  • GPU 対応の画像処理で、特に 4K 以上の解像度ディスプレイで、調整時の応答性が劇的に向上します。
  • RTX 対応の AI 搭載「ディテールの強化」で、高解像度 RAW 画像のカラー ディテールに磨きをかけます。

GeForce GTX 1650 または Quadro T1000 を推奨 。 高速化 AI のディテール強化を含めてパフォーマンスを上げるには: GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 。

Adobe Photoshop

Adobe
Photoshop

  • ぼかしギャラリー、ゆがみ、スマート シャープ、遠近法ワープなど、30 以上の GPU 対応機能により、写真家やアーティストは滑らかに短時間で画像を修正および調整ができます。

GeForce GTX 1650 または Quadro T1000 を推奨 。

Adobe Premiere Pro

Adobe
Premiere Pro

  • NVIDIA CUDA テクノロジによる GPU アクセラレーションの効果で、リアルタイムのビデオ編集とフレームのレンダリングを高速化しされ、NVIDIA エンコーディングによる書き出しが、最大 5 倍高速になります。
  • GPU 対応の AI Auto Reframe は物体をインテリジェントに追跡し、横長のビデオをソーシャル メディアに適したアスペクト比に変換することで、簡単にオンライン コンテンツを制作できるようにします。

GeForce GTX 1660 Ti または Quadro T2000 を推奨 。 ビデオのエフェクト、Lumetri カラー、AI Auto Reframe でパフォーマンスを上げるには: GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 。

Autodesk 3ds max

Autodesk
3ds Max

  • GPU 対応のビューポート グラフィックスで、インタラクティブな 3D モデリングとアニメーションを高速化します。
  • RTX 対応の AI ノイズ除去と既定の Autodesk Arnold レンダラーの組み合わせで、非常にインタラクティブで、写真のようにリアルなレンダリングが可能になります。
  • V-Ray、OctaneRender、Redshift など、サードパーティの GPU 対応レンダラーをサポートします。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨 。 モデリングとアニメーションでパフォーマンスを上げるには: GeForce RTX 2070 または Quadro RTX 5000 。

Autodesk Arnold

Autodesk
Arnold

  • RTX 対応のレイ トレーシングで、写真のようにリアルなレンダリングを最速にします。
  • AI ノイズ除去でインタラクティブなレンダリングを高速化します。
  • Arnold は、3ds Max、Maya、Houdini、Cinema4D など、一般的なさまざまな 3D アプリケーションで使用できます。

RTX 対応のレイ トレーシングを実現するには、GeForce RTX 2060 か Quadro RTX 3000 をお勧めします。 より大規模で複雑なモデルでレンダリングのパフォーマンスを上げるには、特別にグラフィックス メモリが追加された GPU を使用します: TITAN RTX または Quadro RTX 6000。

Autodesk Maya

Autodesk
Maya

  • GPU 対応のビューポート グラフィックスで、インタラクティブな 3D モデリングとアニメーションを高速化します。
  • RTX 対応のレイ トレーシングと RTX 対応の AI ノイズ除去を既定の Autodesk Arnold レンダラーと組み合わせて、非常にインタラクティブで、写真のようにリアルなレンダリングが可能になります。
  • V-Ray、OctaneRender、Redshift など、サードパーティの GPU 対応レンダラーをサポートします。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨 。 モデリングとアニメーションでパフォーマンスを上げるには: GeForce RTX 2070 または Quadro RTX 4000。

Autodesk Revit

Autodesk
Revit

  • GPU 対応のビューポートで、デザイン環境をより滑らかでよりインタラクティブにします。
  • V-Ray や Enscape など、サードパーティの GPU 対応レンダラーをサポートします。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨。

Blender

Blender

  • Blender Cycles の RTX 対応 OptiX レイ トレーシングで、最終フレームのレンダリングを最速にします。
  • GPU 対応のインタラクティブ ビューポートにより、より大きく、より複雑な 3D シーンをモデリングおよびレンダリングします。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨。 複雑なモデルのモデリング、アニメーション、レイ トレーシングでパフォーマンスを上げるには: TITAN RTX または Quadro RTX 6000。

Cinema 4d

Cinema 4d

  • GPU 対応のビューポートで、複雑な 3D モデルでもスムーズでインタラクティブな操作を可能にします。
  • V-Ray、OctaneRender、Redshift など、様々なサードパーティの GPU 対応レンダラーをサポートします。

GeForce RTX 2060 またはQuadro RTX 3000 を推奨 。

D5 Render

D5 RENDER

  • RTX を活用したレイ トレーシングとラスタライゼーション テクノロジにより、建築やインテリア設計において、これまでにないリアルタイム レンダリングを実現します。高品質のビデオを数分で、画像を数秒でレンダリングできます。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨。より大規模でより複雑なモデルでレンダリングのパフォーマンスを上げるには、特別にグラフィックス メモリが追加された GPU である GeForce RTX 2080 Ti または Quadro RTX 6000 を使用します。

Davinci Resolve

Davinci
Resolve

  • GPU 対応のカラー グレーディング、ビデオ編集、カラー スコープです。
  • ハードウェアのエンコーダーとデコーダーでビデオのトランスコーディングを高速化します。
  • クリップの自動的なタグ付けやエフェクトの追跡のための顔認識、スムーズなスロー モーションのための SpeedWarp、継ぎ目のないビデオの超高解像度など、RTX 対応の AI 機能です。

SpeedWarp や Shot Match などの RTX 対応の AI 機能を活用するには、GeForce RTX 2060 or Quadro RTX 3000 を推奨します。 ビデオ編集、カラー グレーディング、高解像度 RAW ビデオ作成でパフォーマンスを上げるには: TITAN RTX または Quadro RTX 6000。

Daz Studio

Daz Studio

  • RTX 対応の NVIDIA IRAY レンダラーで、高品質なレンダリングを高速化します。
  • RTX 対応の AI ノイズ除去で、インタラクティブなレンダリングを高性能にします。
  • さまざまなレンダラーやアプリケーションで素材を簡単に使用できる NVIDIA MDL (マテリアル定義言語) をサポートしています。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨。

Enscape

Enscape

  • RTX 対応の リアルタイム レイ トレーシングのより、建築デザインの高い忠実度のビジュアライゼーションが可能になり、シーンを 3D かつ仮想現実で動的に探索することができます。
  • Revit、Sketchup、Rhino、ArchiCAD で作成されたソース ファイルをサポートします。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨 。

NVIDIA Iray

NVIDIA Iray

  • 高性能 RTX 対応のレイ トレーシングで、インタラクティブな物理ベースで写真のようにリアルなレンダリングを可能にします。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨 。

Keyshot

Keyshot

  • RTX 対応の レイ トレーシングと OptiX AI 搭載ノイズ除去で、インタラクティブなレンダリングを高速化します。
  • Maya、3ds Max、Rhino、Cinema 4D などの人気デザイン アプリケーションと共に KeyShot を使用します。

RTX 対応のレイ トレーシングを実現するには、GeForce RTX 2060 か Quadro RTX 3000 をお勧めします。 より大規模で複雑なモデルでレンダリングのパフォーマンスを上げるには、特別にグラフィックス メモリが追加された GPU を使用します: TITAN RTX または Quadro RTX 6000。

OBS

OBS

  • 専用の GPU ベース エンコーダー (NVENC) が最高クラスのパフォーマンスでシームレスなゲーミングとストリーミングを可能にします。
  • 高度な GPU エンコーディング機能がストリーミングや録画ビデオの画質を向上します。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨 。

Octanerender

Octanerender

  • RTX 対応の レイ トレーシング レンダラーです。
  • 3ds Max、Maya、Blender、Cinema 4D など、20 を超える 3D アプリケーションで OctaneRender を使用します。

高速化されたレイ トレーシングを実現するには、GeForce RTX 2060 か Quadro RTX 3000 をお勧めします。 より大規模で複雑なモデルのレンダリングで最高のパフォーマンスを得るには、特別にグラフィックス メモリが追加された GPU を使用します: TITAN RTX または Quadro RTX 6000。

Redcine-x Pro

Redcine-x Pro

  • RED RAW ビデオの GPU 対応デコーディング、ディベイヤリング、プライマリ カラー グレーディングで、トランスコーディングやプロキシ生成なしに最大 8K ビデオのリアルタイム再生および編集を可能にします。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨 。 パフォーマンスを上げるには、GeForce RTX 2070 または Quadro RTX 4000。

Redshift

Redshift

  • OptiX のノイズ除去を使用する GPU 対応の最終フレームのレンダリングです。

高速化されたレイ トレーシングを実現するには、GeForce RTX 2060 か Quadro RTX 3000 をお勧めします。 より大規模で複雑なモデルのレンダリングで最高のパフォーマンスを得るには、特別にグラフィックス メモリが追加された GPU を使用します: TITAN RTX または Quadro RTX 6000。

Rhino

Rhino

  • GPU 対応のビューポートで、モデリングとデザインをスムーズでインタラクティブにします。
  • GPU 対応 3D レンダリングの Cycles をサポートします。/li>

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨。

Sketchup

Sketchup

  • GPU 対応の OpenGL ビューポートで、デザイン環境をよりスムーズにします。
  • V-Ray や OctaneRender など、サードパーティの GPU 対応レンダラーをサポートします。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨 。

Streamlabs OBS

Streamlabs OBS

  • 専用の GPU ベース エンコーダー (NVENC) が最高クラスのパフォーマンスでシームレスなゲーミングとストリーミングを可能にします。
  • 高度な GPU エンコーディング機能がストリーミングや録画ビデオの画質を向上します。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨 。

Substance Alchemist

Substance
Alchemist

  • GPU 対応のフィルター機能で、素材作成を高速化して簡単にします。
  • RTX 対応の「AI Delighter」で、元の写真から不要な陰影を簡単に削除できます。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨 。

Substance Designer

Substance
Designer

  • テクスチャ/サブスタンスやビットマップ テクスチャ エクスポートなど、NVIDIA Iray レンダリングを使用して、MDL 対応のあらゆる Iray でレンダリングします。
  • RTX 対応の光とアンビエント オクルージョンのベイク処理で、数秒でアセットを最適化します。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨 。

Substance Painter

Substance
Painter

  • テクスチャ/サブスタンスやビットマップ テクスチャ エクスポートなど、NVIDIA Iray レンダリングを使用して、MDL 対応のあらゆる Iray でレンダリングします。
  • RTX 対応の光とアンビエント オクルージョンのベイク処理で、数秒でアセットを最適化します。

RTX 対応のレンダリングとテクスチャのベイク処理を使用するには、GeForce RTX 2060 か Quadro RTX 3000 をお勧めします。 複雑なモデルでインタラクティブなパフォーマンスにするには、GeForce RTX 2080 Ti または Quadro RTX 6000 など、特別にメモリが追加された GPU を使用します 。

Twinmotion

Twinmotion

  • GPU によって 3D デザインのリアルタイム レンダリングとビジュアライゼーションを可能にします。
  • Revit および ArchiCAD のソース ファイルをサポートします。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨 。

Unity

Unity

  • GPU により、ゲームの開発を高速化し、視覚的に一層優れた体験を作り出すリアルタイム レイ トレーシングなど、高度なシェーディング技術を可能にします。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨 。

Unreal Engine

Unreal Engine

  • GPU により、OpenGL、DirectX、Vulkan での高速化レンダリングを可能にします。
  • PhysX、高度なシェーダーのサポート、リアルタイム レイ トレーシングによって、ゲームやアプリケーションの開発を高速化し、豊富なリアルタイム体験を作り出すことを可能にします。

RTX 対応のレイ トレーシングを実現するには、GeForce RTX 2060 か Quadro RTX 3000 をお勧めします。 より大規模で複雑なシーンのレンダリングで最高のパフォーマンスを得るには、特別にグラフィックス メモリが追加された GPU を使用します: TITAN RTX または Quadro RTX 6000。

V-ray

V-ray

  • RTX 対応の レイ トレーシングを使用する高性能の最終フレームのレンダリングです。
  • GPU は AI 搭載のノイズ除去によるインタラクティブなレンダリングをさらに加速します。

RTX 対応のレイ トレーシングを実現するには、GeForce RTX 2060 か Quadro RTX 3000 をお勧めします。 より大規模で複雑なモデルのレンダリングで最高のパフォーマンスを得るには、特別にグラフィックス メモリが追加された GPU を使用します: TITAN RTX または Quadro RTX 6000。

Vegas Pro

Vegas Pro

  • GPU アクセラレーションでビデオのエフェクトをさらに高速化します。
  • NVIDIA エンコーダー (NVENC) でエンコーディングを高速化します。

GeForce GTX 1650 または Quadro T1000 を推奨 。

Xsplit

Xsplit

  • 専用の GPU ベース エンコーダー (NVENC) が最高クラスのパフォーマンスでシームレスなゲーミングとストリーミングを可能にします。
  • 高度な GPU エンコーディング機能がストリーミングや録画ビデオの画質を向上します。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨 。

Adobe Dimension

Adobe
Dimension

  • RTX 対応のレイ トレーシングは 2D のアーティストやデザイナーに写真のようにリアルな 3D レンダリングを提供します。
  • RTX 対応のノイズ除去で、インタラクティブなビューポートのパフォーマンスが向上します。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨. より大規模で複雑なモデルでレンダリングのパフォーマンスを上げるには、特別にグラフィックス メモリが追加された GPU を使用します: GeForce RTX 2080 Ti または Quadro RTX 6000 。

Autodesk 3ds max

Autodesk
3ds Max

  • GPU 対応のビューポート グラフィックスで、インタラクティブな 3D モデリングとアニメーションを高速化します。
  • RTX 対応の AI ノイズ除去と既定の Autodesk Arnold レンダラーの組み合わせで、非常にインタラクティブで、写真のようにリアルなレンダリングが可能になります。
  • V-Ray、OctaneRender、Redshift など、サードパーティの GPU 対応レンダラーをサポートします。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨 。 モデリングとアニメーションでパフォーマンスを上げるには: GeForce RTX 2070 または Quadro RTX 5000 。

Autodesk Arnold

Autodesk
Arnold

  • RTX 対応のレイ トレーシングで、写真のようにリアルなレンダリングを最速にします。
  • AI ノイズ除去でインタラクティブなレンダリングを高速化します。
  • Arnold は、3ds Max、Maya、Houdini、Cinema4D など、一般的なさまざまな 3D アプリケーションで使用できます。

RTX 対応のレイ トレーシングを実現するには、GeForce RTX 2060 か Quadro RTX 3000 をお勧めします。 より大規模で複雑なモデルでレンダリングのパフォーマンスを上げるには、特別にグラフィックス メモリが追加された GPU を使用します: TITAN RTX または Quadro RTX 6000。

Autodesk Maya

Autodesk
Maya

  • GPU 対応のビューポート グラフィックスで、インタラクティブな 3D モデリングとアニメーションを高速化します。
  • RTX 対応のレイ トレーシングと RTX 対応の AI ノイズ除去を既定の Autodesk Arnold レンダラーと組み合わせて、非常にインタラクティブで、写真のようにリアルなレンダリングが可能になります。
  • V-Ray、OctaneRender、Redshift など、サードパーティの GPU 対応レンダラーをサポートします。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨 。 モデリングとアニメーションでパフォーマンスを上げるには: GeForce RTX 2070 または Quadro RTX 4000。

Blender

Blender

  • Blender Cycles の RTX 対応 OptiX レイ トレーシングで、最終フレームのレンダリングを最速にします。
  • GPU 対応のインタラクティブ ビューポートにより、より大きく、より複雑な 3D シーンをモデリングおよびレンダリングします。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨。 複雑なモデルのモデリング、アニメーション、レイ トレーシングでパフォーマンスを上げるには: TITAN RTX または Quadro RTX 6000。

Cinema 4d

Cinema 4d

  • GPU 対応のビューポートで、複雑な 3D モデルでもスムーズでインタラクティブな操作を可能にします。
  • V-Ray、OctaneRender、Redshift など、様々なサードパーティの GPU 対応レンダラーをサポートします。

GeForce RTX 2060 またはQuadro RTX 3000 を推奨 。

Davinci Resolve

Davinci
Resolve

  • GPU 対応のカラー グレーディング、ビデオ編集、カラー スコープです。
  • ハードウェアのエンコーダーとデコーダーでビデオのトランスコーディングを高速化します。
  • クリップの自動的なタグ付けやエフェクトの追跡のための顔認識、スムーズなスロー モーションのための SpeedWarp、継ぎ目のないビデオの超高解像度など、RTX 対応の AI 機能です。

SpeedWarp や Shot Match などの RTX 対応の AI 機能を活用するには、GeForce RTX 2060 or Quadro RTX 3000 を推奨します。 ビデオ編集、カラー グレーディング、高解像度 RAW ビデオ作成でパフォーマンスを上げるには: TITAN RTX または Quadro RTX 6000。

Daz Studio

Daz Studio

  • RTX 対応の NVIDIA IRAY レンダラーで、高品質なレンダリングを高速化します。
  • RTX 対応の AI ノイズ除去で、インタラクティブなレンダリングを高性能にします。
  • さまざまなレンダラーやアプリケーションで素材を簡単に使用できる NVIDIA MDL (マテリアル定義言語) をサポートしています。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨。

Enscape

Enscape

  • RTX 対応の リアルタイム レイ トレーシングのより、建築デザインの高い忠実度のビジュアライゼーションが可能になり、シーンを 3D かつ仮想現実で動的に探索することができます。
  • Revit、Sketchup、Rhino、ArchiCAD で作成されたソース ファイルをサポートします。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨 。

NVIDIA Iray

NVIDIA Iray

  • 高性能 RTX 対応のレイ トレーシングで、インタラクティブな物理ベースで写真のようにリアルなレンダリングを可能にします。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨 。

Keyshot

Keyshot

  • RTX 対応の レイ トレーシングと OptiX AI 搭載ノイズ除去で、インタラクティブなレンダリングを高速化します。
  • Maya、3ds Max、Rhino、Cinema 4D などの人気デザイン アプリケーションと共に KeyShot を使用します。

RTX 対応のレイ トレーシングを実現するには、GeForce RTX 2060 か Quadro RTX 3000 をお勧めします。 より大規模で複雑なモデルでレンダリングのパフォーマンスを上げるには、特別にグラフィックス メモリが追加された GPU を使用します: TITAN RTX または Quadro RTX 6000。

Octanerender

Octanerender

  • RTX 対応の レイ トレーシング レンダラーです。
  • 3ds Max、Maya、Blender、Cinema 4D など、20 を超える 3D アプリケーションで OctaneRender を使用します。

高速化されたレイ トレーシングを実現するには、GeForce RTX 2060 か Quadro RTX 3000 をお勧めします。 より大規模で複雑なモデルのレンダリングで最高のパフォーマンスを得るには、特別にグラフィックス メモリが追加された GPU を使用します: TITAN RTX または Quadro RTX 6000。

Redshift

Redshift

  • OptiX のノイズ除去を使用する GPU 対応の最終フレームのレンダリングです。

高速化されたレイ トレーシングを実現するには、GeForce RTX 2060 か Quadro RTX 3000 をお勧めします。 より大規模で複雑なモデルのレンダリングで最高のパフォーマンスを得るには、特別にグラフィックス メモリが追加された GPU を使用します: TITAN RTX または Quadro RTX 6000。

Rhino

Rhino

  • GPU 対応のビューポートで、モデリングとデザインをスムーズでインタラクティブにします。
  • GPU 対応 3D レンダリングの Cycles をサポートします。/li>

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨。

Substance Alchemist

Substance
Alchemist

  • GPU 対応のフィルター機能で、素材作成を高速化して簡単にします。
  • RTX 対応の「AI Delighter」で、元の写真から不要な陰影を簡単に削除できます。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨 。

Substance Designer

Substance
Designer

  • テクスチャ/サブスタンスやビットマップ テクスチャ エクスポートなど、NVIDIA Iray レンダリングを使用して、MDL 対応のあらゆる Iray でレンダリングします。
  • RTX 対応の光とアンビエント オクルージョンのベイク処理で、数秒でアセットを最適化します。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨 。

Substance Painter

Substance
Painter

  • テクスチャ/サブスタンスやビットマップ テクスチャ エクスポートなど、NVIDIA Iray レンダリングを使用して、MDL 対応のあらゆる Iray でレンダリングします。
  • RTX 対応の光とアンビエント オクルージョンのベイク処理で、数秒でアセットを最適化します。

RTX 対応のレンダリングとテクスチャのベイク処理を使用するには、GeForce RTX 2060 か Quadro RTX 3000 をお勧めします。 複雑なモデルでインタラクティブなパフォーマンスにするには、GeForce RTX 2080 Ti または Quadro RTX 6000 など、特別にメモリが追加された GPU を使用します 。

Twinmotion

Twinmotion

  • GPU によって 3D デザインのリアルタイム レンダリングとビジュアライゼーションを可能にします。
  • Revit および ArchiCAD のソース ファイルをサポートします。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨 。

Unity

Unity

  • GPU により、ゲームの開発を高速化し、視覚的に一層優れた体験を作り出すリアルタイム レイ トレーシングなど、高度なシェーディング技術を可能にします。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨 。

Unreal Engine

Unreal Engine

  • GPU により、OpenGL、DirectX、Vulkan での高速化レンダリングを可能にします。
  • PhysX、高度なシェーダーのサポート、リアルタイム レイ トレーシングによって、ゲームやアプリケーションの開発を高速化し、豊富なリアルタイム体験を作り出すことを可能にします。

RTX 対応のレイ トレーシングを実現するには、GeForce RTX 2060 か Quadro RTX 3000 をお勧めします。 より大規模で複雑なシーンのレンダリングで最高のパフォーマンスを得るには、特別にグラフィックス メモリが追加された GPU を使用します: TITAN RTX または Quadro RTX 6000。

V-ray

V-ray

  • RTX 対応の レイ トレーシングを使用する高性能の最終フレームのレンダリングです。
  • GPU は AI 搭載のノイズ除去によるインタラクティブなレンダリングをさらに加速します。

RTX 対応のレイ トレーシングを実現するには、GeForce RTX 2060 か Quadro RTX 3000 をお勧めします。 より大規模で複雑なモデルのレンダリングで最高のパフォーマンスを得るには、特別にグラフィックス メモリが追加された GPU を使用します: TITAN RTX または Quadro RTX 6000。

Adobe After Effects

Adobe
After Effects

  • GPU 対応の主なエフェクトは NVIDIA CUDA テクノロジでより速いレンダリングに最適です。

GeForce GTX 1660 T i または Quadro T2000 を推奨 。 BorisFX などの GPU 対応プラグインでパフォーマンスを上げるには: GeForce RTX 2080 または Quadro RTX 5000 。

Adobe Premiere Pro

Adobe
Premiere Pro

  • NVIDIA CUDA テクノロジによる GPU アクセラレーションの効果で、リアルタイムのビデオ編集とフレームのレンダリングを高速化しされ、NVIDIA エンコーディングによる書き出しが、最大 5 倍高速になります。
  • GPU 対応の AI Auto Reframe は物体をインテリジェントに追跡し、横長のビデオをソーシャル メディアに適したアスペクト比に変換することで、簡単にオンライン コンテンツを制作できるようにします。

GeForce GTX 1660 Ti または Quadro T2000 を推奨 。 ビデオのエフェクト、Lumetri カラー、AI Auto Reframe でパフォーマンスを上げるには: GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 。

Davinci Resolve

Davinci
Resolve

  • GPU 対応のカラー グレーディング、ビデオ編集、カラー スコープです。
  • ハードウェアのエンコーダーとデコーダーでビデオのトランスコーディングを高速化します。
  • クリップの自動的なタグ付けやエフェクトの追跡のための顔認識、スムーズなスロー モーションのための SpeedWarp、継ぎ目のないビデオの超高解像度など、RTX 対応の AI 機能です。

SpeedWarp や Shot Match などの RTX 対応の AI 機能を活用するには、GeForce RTX 2060 or Quadro RTX 3000 を推奨します。 ビデオ編集、カラー グレーディング、高解像度 RAW ビデオ作成でパフォーマンスを上げるには: TITAN RTX または Quadro RTX 6000。

Redcine-x Pro

Redcine-x Pro

  • RED RAW ビデオの GPU 対応デコーディング、ディベイヤリング、プライマリ カラー グレーディングで、トランスコーディングやプロキシ生成なしに最大 8K ビデオのリアルタイム再生および編集を可能にします。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨 。 パフォーマンスを上げるには、GeForce RTX 2070 または Quadro RTX 4000。

Vegas Pro

Vegas Pro

  • GPU アクセラレーションでビデオのエフェクトをさらに高速化します。
  • NVIDIA エンコーダー (NVENC) でエンコーディングを高速化します。

GeForce GTX 1650 または Quadro T1000 を推奨 。

Adobe Photoshop Lightroom

Adobe
Photoshop Lightroom

  • GPU 対応の画像処理で、特に 4K 以上の解像度ディスプレイで、調整時の応答性が劇的に向上します。
  • RTX 対応の AI 搭載「ディテールの強化」で、高解像度 RAW 画像のカラー ディテールに磨きをかけます。

GeForce GTX 1650 または Quadro T1000 を推奨 。 高速化 AI のディテール強化を含めてパフォーマンスを上げるには: GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 。

Adobe Photoshop

Adobe
Photoshop

  • ぼかしギャラリー、ゆがみ、スマート シャープ、遠近法ワープなど、30 以上の GPU 対応機能により、写真家やアーティストは滑らかに短時間で画像を修正および調整ができます。

GeForce GTX 1650 または Quadro T1000 を推奨 。

Adobe Dimension

Adobe
Dimension

  • RTX 対応のレイ トレーシングは 2D のアーティストやデザイナーに写真のようにリアルな 3D レンダリングを提供します。
  • RTX 対応のノイズ除去で、インタラクティブなビューポートのパフォーマンスが向上します。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨. より大規模で複雑なモデルでレンダリングのパフォーマンスを上げるには、特別にグラフィックス メモリが追加された GPU を使用します: GeForce RTX 2080 Ti または Quadro RTX 6000 。

Adobe Illustrator

Adobe
Illustrator

  • GPU 対応のキャンバスで、グラフィック デザイナーやイラストレーターは、複雑なベクトル グラフィックスをスムーズにインタラクティブにパンしたり、拡大縮小したりできます。

GeForce GTX 1650 または Quadro T1000 を推奨 。

Adobe Photoshop

Adobe
Photoshop

  • ぼかしギャラリー、ゆがみ、スマート シャープ、遠近法ワープなど、30 以上の GPU 対応機能により、写真家やアーティストは滑らかに短時間で画像を修正および調整ができます。

GeForce GTX 1650 または Quadro T1000 を推奨 。

OBS

OBS

  • 専用の GPU ベース エンコーダー (NVENC) が最高クラスのパフォーマンスでシームレスなゲーミングとストリーミングを可能にします。
  • 高度な GPU エンコーディング機能がストリーミングや録画ビデオの画質を向上します。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨 。

Streamlabs OBS

Streamlabs OBS

  • 専用の GPU ベース エンコーダー (NVENC) が最高クラスのパフォーマンスでシームレスなゲーミングとストリーミングを可能にします。
  • 高度な GPU エンコーディング機能がストリーミングや録画ビデオの画質を向上します。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨 。

Xsplit

Xsplit

  • 専用の GPU ベース エンコーダー (NVENC) が最高クラスのパフォーマンスでシームレスなゲーミングとストリーミングを可能にします。
  • 高度な GPU エンコーディング機能がストリーミングや録画ビデオの画質を向上します。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨 。

Autodesk Revit

Autodesk
Revit

  • GPU 対応のビューポートで、デザイン環境をより滑らかでよりインタラクティブにします。
  • V-Ray や Enscape など、サードパーティの GPU 対応レンダラーをサポートします。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨。

D5 Render

D5 RENDER

  • RTX を活用したレイ トレーシングとラスタライゼーション テクノロジにより、建築やインテリア設計において、これまでにないリアルタイム レンダリングを実現します。高品質のビデオを数分で、画像を数秒でレンダリングできます。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨。より大規模でより複雑なモデルでレンダリングのパフォーマンスを上げるには、特別にグラフィックス メモリが追加された GPU である GeForce RTX 2080 Ti または Quadro RTX 6000 を使用します。

Enscape

Enscape

  • RTX 対応の リアルタイム レイ トレーシングのより、建築デザインの高い忠実度のビジュアライゼーションが可能になり、シーンを 3D かつ仮想現実で動的に探索することができます。
  • Revit、Sketchup、Rhino、ArchiCAD で作成されたソース ファイルをサポートします。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨 。

Sketchup

Sketchup

  • GPU 対応の OpenGL ビューポートで、デザイン環境をよりスムーズにします。
  • V-Ray や OctaneRender など、サードパーティの GPU 対応レンダラーをサポートします。

GeForce RTX 2060 または Quadro RTX 3000 を推奨 。

Unreal Engine

Unreal Engine

  • GPU により、OpenGL、DirectX、Vulkan での高速化レンダリングを可能にします。
  • PhysX、高度なシェーダーのサポート、リアルタイム レイ トレーシングによって、ゲームやアプリケーションの開発を高速化し、豊富なリアルタイム体験を作り出すことを可能にします。

RTX 対応のレイ トレーシングを実現するには、GeForce RTX 2060 か Quadro RTX 3000 をお勧めします。 より大規模で複雑なシーンのレンダリングで最高のパフォーマンスを得るには、特別にグラフィックス メモリが追加された GPU を使用します: TITAN RTX または Quadro RTX 6000。

NVIDIA GPU

高度な NVIDIA Studio テクノロジと見事なハードウェア仕様を融合したノート PC とデスクトップをお試しください。クリエイターがインスピレーションを与えるビジョンを探し、制作し、共有するのに理想的なキャンバスです。

NVIDIA クリエイター コミュニティに参加する

クリエイティブなチュートリアル、アーティストの作品、コンテスト、メンバー限定のお得な情報をご覧いただけます。