クリエイターのための Omniverse

可能性の世界にあなたのクリエイティブを繋げよう。

3D ワークフローを加速する

NVIDIA Omniverse は、既存の 3D ワークフローを相互接続するためのハブとして機能し、直線的なパイプラインをライブ同期制作に置き換え、Universal Scene Description (OpenUSD) のパワーで、これまでにない創作が可能になります。

Omniverse で活躍するクリエイター

  • クラウド
    コラボレーター
  • 視覚効果
    デザイナー
  • 3D コンセプト
    アーティスト
  • デジタル ヒューマン
    アニメーター
  • デジタル AI
    アーティスト

クラウドで創り、コラボレーションする

GeForce RTX 3D クリエイターたちが、Autodesk Maya、Adobe Substance Painter、Unreal Engine、SideFX Houdini などのお気に入りのデザイン ツールやコンテンツ制作ツールから 3D アセットを取り込み、 Omniverse Cloudで短編アニメーションを協力して制作する様子をご覧ください。

アプリ:

ブラス製のマルチアプリ都市を作る

さまざまなアプリを使用している Sir Wade Neistadt 氏は、NVIDIA Omniverse を導入してからボトルネックなく制作活動を行っています。Omniverse Platform と NVIDIA RTX™ A6000 を組み合わせて NVIDIA Studio ドライバーで実行することで、Sir Wade 氏は RTX レンダリングを利用し、「すべてをまとめて、照明を付け、レンダリングし、コンテキストに合わせる」ことができるようになりました。また、「そのすべてにおいて、アプリケーション間でデータをエクスポートする必要が 1 回もありません」とのことです。

アプリ:

ビー玉をブレンドして傑作を作る

素早いアイデア出しと繰り返し作業が必要なコンセプチュアル アーティストにとって、光のごとく速く正確で高品質のレンダリングを生成する必要があります。#CreateWithMarbles の受賞者の 1 人である Jeremy Lightcap 氏は、Omniverse CreateBlender で GeForce RTX 3080 を使用して作業を行い、驚きを示しました。「私は 4 秒で船に乗るシーンをレンダリングできました。品質は非常に鮮明でした。」

アプリ:

歌うデジタル ヒューマンを作成する

リアルなデジタル ヒューマンを作成する場合、Anderson Rohr 氏のようなアーティストは、NVIDIA Studio ドライバー で実行される GeForce RTX 3090 と組み合わせた NVIDIA Omniverse を使用することにより、生の音声データを録音して、AI で生成されたリップ シンク アニメーションに変換できます。Anderson 氏は「Audio2Face は私の期待を超え、AI と結果は傑出しています」と述べました。

アーティストは、これをさらに一歩進めて、Unreal Engine Omniverse Connector 内でメタヒューマンが使用できるようにリップ シンク アニメーションをリターゲティングすることで、自分の作品に命を吹き込むことができます。

アプリ:

“Art”-ificial Intelligence を加速する

Song Ting 氏は、NVIDIA Omniverse を使用して、実世界から取得したアセットをトレーニング資料としてデータセットに変換しました。この特別な作品では、3D のバラのモデルを生成し、NVIDIA Omniverse Kaolin と NVIDIA DIB-R モデルでサイバーワールドの成長を表現しました。NVIDIA RTX™ A6000 を利用したモデル トレーニングはわずか 2 週間で劇的に加速され、完了しました。これにより、時間を大幅に節約し、「現実」と「非現実」の主題を探索して表現できるようになりました。

アプリ:

アプリを接続する

お気に入りのデザイン アプリケーションと共に Omniverse Connector と Apps を使用すると、3D ワークフローをシームレスに統合し、これまで以上に素早くアイデアを組み立て、模索する新しい方法が開かれます。

  • Omniverse に接続
  • Omniverse で構築

Universal Scene Description (USD) ワークフローを介して Omniverse に接続する方法はさまざまです。USD のサポート状況はお使いの業界ツールによって異なります。それに応じて、Omniverse にはさまざまな方法で接続できます。最高の忠実度を得るなら、Omniverse Connectors で接続します。これは複数のソフトウェア スイートをすべて Omniverse に取り入れ、同時にライブシンクのコラボレーションやイテレーションを可能にするプラグインです。

Omniverse への接続を開発しますか? Omniverse 開発者リソース センターにアクセスしてください。

Autodesk 3ds Max

Autodesk 3ds Max

Reallusion Actorcore

Reallusion Actorcore

Graphisoft Archicad

Graphisoft Archicad

Autodesk Arnold

Autodesk Arnold

Esri ArcGIS CityEngine

Esri ArcGIS CityEngine

Blender

Blender

Reallusion Character Creator 3

Reallusion Character Creator 3

Maxon Cinema 4D

Maxon Cinema 4D

Golaem

Golaem
近日公開

HDR Light Studio

HDR Light Studio

SideFX Houdini

SideFX Houdini
近日提供予定

Reallusion iClone

Reallusion iClone

Ipolog

Ipolog

Marmoset Toolbag

Marmoset Toolbag

Marvelous Designer

Marvelous Designer
近日提供予定

Autodesk Maya

Autodesk Maya

Autodesk MotionBuilder

Autodesk MotionBuilder
近日発売予定

Move.AI

Move.AI

Nextspace

Nextspace

Notch

Notch
近日公開

OTOY Octane Renderer

OTOY Octane Renderer

OnShape

PTC OnShape

Kitware Paraview

Kitware ParaView

Adobe Photoshop

Adobe Photoshop

PlantCatalog

PlantCatalog

PlantFactory

PlantFactory

PlantVue

Vue

Radical Live

Radical Live

Maxon Redshift

Maxon Redshift

Replica Studios

Replica Studios

Autodesk Revit

Autodesk Revit

McNeel & Associates Rhino、Grasshopper を含む

McNeel & Associates Rhino および Grasshopper

Adobe Substance 3D Materials

Adobe Substance 3D Materials

Adobe Substance 3D Painter

Adobe Substance 3D Painter

Siemens Xcelerator

Siemens Xcelerator

Epic Games Unreal Engine 4

SimScale

Trimble SketchUp

Trimble SketchUp

SyncTwin

SyncTwin

Twinbru

Twinbru

ビジュアル コンポーネント

ビジュアル コンポーネント

Unity
Epic Games Unreal Engine 4

Epic Games Unreal Engine

Autodesk 3ds Max

Autodesk 3ds Max

Graphisoft Archicad

Graphisoft Archicad

Autodesk Arnold

Autodesk Arnold

Esri ArcGIS CityEngine

Esri ArcGIS CityEngine