AI によるインテリジェントな販売促進

商品損失を減らします。 収益を生み出します。
経営を最適化します。

革新的な小売業は AI 搭載のソリューションを利用し、次世代のスマート小売業を推進しています。インテリジェント ビデオ分析 (IVA)、AI 搭載の在庫管理、顧客と店舗の分析を利用することで、小売業は利益率を上げ、より良い顧客体験を提供しています。  

  • 損失防止

    損失防止

  • 顧客と店舗の分析

    顧客と店舗の分析

  • 経営

    経営

Loss Prevention

損失防止

世界中の小売業が商品損失で毎年 1000 億ドル以上失っており、その半分は北米で発生しています。

インテリジェント ビデオ分析 (IVA) では、正確かつ効率的に商品損失を減らすことができます。POS での損失防止を改善し、店舗全体での万引きを減らし、不法侵入者を検出します。従業員にリアルタイムで通知することで、対応してもらうことができます。

小売業者は既存のカメラシステムを使用して NVIDIA ソフトウェア パートナーの IVA アプリケーションをインストールし、損失防止を強化し、商品損失を大幅に削減できます。

AI in Retail: Powering the Store of the Future

小売業の AI: 未来の小売の力となる

IVA を利用すると、損失防止、安全性、セキュリティの機能が改善されるため、商品損失が減ります。

業界トップの小売業者が店舗全体に AI と IVA を導入しています。その方法をご覧ください。

Customer and Store Analytics

顧客と店舗の分析

オンラインショッピング データと POS、カメラ、センサーから生成された店舗内データから分析情報が集まり、顧客の好みがわかるようになります。IVA データからは人口統計が与えられ、ヒートマップを作成できます。店舗内で人気のある場所が明らかになります。

小売業者はこのデータを利用し、顧客の行動と購入嗜好を理解します。オンラインや店舗でプロモーションを行い、収益を増やし、より良い買い物体験を届けます。

Using Algorithms to Understand Customer Preferences

アルゴリズムを使用して顧客の好みを理解する

Stitch Fix は、パーソナル スタイリングという技術と GPU 対応ディープラーニングによるデータ分析を組み合わせたファッション サービスを開発しました。

Operations

経営

予測と在庫管理からロボット工学、自動ショッピングまで、AI 搭載ソリューションが小売業経営を最適化しています。小売業者は倉庫の物流を改善し、在庫管理を最適化し、経営費を減らすことができます。

Forecasting and Inventory Management

予測と在庫管理

AI により、需要予測と在庫管理が向上します。たとえば、Walmart は RAPIDS オープンソース データ処理と ML (機械学習) ライブラリを利用し、ML アルゴリズムを 20 倍の速さでトレーニングできるようになりました。CUDA-X™ AI に構築されて NVIDIA GPU を活用する RAPIDS により、Walmart は適切な製品を適切な店舗により効率的に届け、買い物客の傾向にリアルタイムに反応し、大規模で在庫コストを削減できるようになりました。

Walmart Labs ビデオを見る
Robotics

ロボット工学

店員は小売組織の顔です。そのため、在庫の検数、商品の場所替え、在庫検索など、顧客に対面しない仕事に店員が費やす時間は減らすべきです。.

大型の小売店は新しいロボット工学技術を駆使し、そのような面倒な繰り返し作業を処理しています。この技術では、店舗の棚の商品をスキャンし、在庫レベル、正しい棚の位置、正しい価格を確認します。また、トラックから荷卸しされた商品を優先度と部門に基づいて並べ替えることができます。店員は倉庫から店内に効率的に在庫を移動できます。

また、大型のデパートがより円滑に運営されるよう、スマート アシスタントが支援します。在庫の確認や床の清掃に従業員がかける時間を最小限に抑え、店内で顧客に対面サービスを提供する時間を増やします。

ロウズとその同僚ロボットのビデオを見る
Autonomous Shopping

自動ショッピング

自動精算できる場所が今後 3 年間、年に 4 倍増えることが予想されています。自動精算できれば、小売業は遅延のない円滑な買い物体験を顧客に提供できます。同時に、収益と利幅が増えます。

自動精算ソリューションには、遅延のない AI 対応ショッピング カートからナノ ストアやスマート キャビネット、完全に自動化された店舗まであります。

AiFi のビデオを見る

エッジ、データ センター、クラウドをつなぐ AI 小売業

Accelerated Computing at the Edge

エッジのアクセラレーテッド コンピューティング

NVIDIA のエッジ ソリューションは、ネットワークの末端 (エッジ) で連続するデータ ストリームを収集し、分析するように設計されています。AI 計算が店舗で完全実行され、商品損失、顧客人口統計、トラフィックなどに関してリアルタイムで従業員に通知します。

NVIDIA エッジ ソリューションを利用すれば、小売アプリケーションでやりとりの待ち時間が短くなり、クラウドに使われる帯域幅が少なくなり、データ プライバシーが与えられます。 NVIDIA® Tesla® T4  と NVIDIA Jetson エッジ GPU は、IVA アプリケーションや ML アプリケーションに最もパワフルなエッジ コンピューティング システムをもたらします。

Powerful Computing for Data Centers

データ センターのためのパワフルなコンピューティング

NVIDIA Tesla GPU アクセラレーテッド コンピューティング プラットフォーム により、ディープラーニングや ML モデルのトレーニング時間が劇的に短縮され、かつて不可能であった分析情報を提供することができます。エッジからデータ センターまで、Tesla GPU は 主要なコンピューター システムとサーバー メーカー で使われており、AI モデルのトレーニングを高速化します。

NVIDIA DGX™ System でも利用でき、DGX ソフトウェア スタックが付属します。短時間の AI デプロイメントでディープラーニングや機械学習の開発者の要望に応えます。

Democratization, from Data Center to the Cloud

データ センターからクラウドまで、あらゆるプラットフォームで利用可能

NVIDIA GPU は世界中のあらゆる主要なクラウド プラットフォームで利用できます。NGC は GPU 対応ソフトウェア コンテナーを提供していますが、これは TensorFlow、PyTorch、MXNet など、ディープラーニング フレームワークを含め、デプロイメントを簡単にします。NVIDIA Metropolis もクラウドで利用できます。これは Azure IoT Edge と完全統合されており、近日中に AWS IoT Green Grass とも統合される予定です。

NVIDIA のソフトウェア ライブラリと SDK では、顧客がクラウド、サーバー、エッジに推論と AI をデプロイできるスケーラブル ソリューションを開発できます。このような SDK には、組み込み向けの  NVIDIA JetPack™ 、IVA 向けの  DeepStream ロボット工学向けの NVIDIA Isaac™ 、推論向けの  NVIDIA TensorRT™  DNN (ディープ ニューラル ネットワーク) 調整向けの  Transfer Learning Toolkit コンテナーと AI ソフトウェア向けの  NGC などがあります。

登録して NVIDIA から小売業界の最新ニュースを受け取る