AI による小売改革

商品損失の削減。
予測の改善。収益の向上。

業界をリードする小売業者は、AI を活用して、商品損失の削減、予測の改善、倉庫物流の自動化、店内プロモーションとリアルタイム価格の決定、顧客のパーソナライゼーションとレコメンデーションの実現、より良いショッピング体験の提供を店舗とオンラインの両方で行っています。

  • <span style=

    インテリジェント
    ストア

  • <span style=

    需要
    予測

  • <span style=

    倉庫
    物流

  • <span style=

    E コマースと
    レコメンダー

  • <span style=

    対話型
    AI

インテリジェント ストア

インテリジェント ストア

小売店では、カメラやセンサーによるデータを利用し、AI を活用して、商品損失の削減、欠品の排除、顧客行動の可視化をしています。同じインフラストラクチャでも、レジの処理を高速化することができます。小売業者が AI を利用して、インテリジェント ストア (公共の安全、資産の保全、店舗分析、自動購入、および店舗運営) を作成する 5 つの方法をご覧ください。

予測と在庫管理

予測と在庫管理

AI により、需要予測と在庫管理も改善されます。需要予測では、さまざまなソースによるデータを使用して、適切な製品を適切なタイミングに適切な店舗で利用できるようにします。​

予測精度を上げるために、機械学習を使用することは、サプライ チェーンの最適化に大きな影響を与えます。

効果的な予測には、商品購買層と場所以外も考慮する必要があります。天気や地域のスポーツ イベントなど、多くの外部イベントは供給と需要にも影響を与えます。NVIDIA GPU の NVIDIA RAPIDS ソフトウェア ライブラリを活用することで、小売店は機械学習アルゴリズムのトレーニングを最大 20 倍まで加速できます。これにより、より多くのデータを使用して、より速くかつより正確に処理することができます。

Walmart が予測を改善する

Walmart が予測を改善する

たとえば、Walmart は RAPIDS オープンソース データ処理と機械学習ライブラリを利用し、機械学習アルゴリズムを 20 倍の速さでトレーニングしています。 CUDA-X AI 上に構築され、NVIDIA GPU を活用する RAPIDS により、Walmart は適切な製品を適切な店舗により効率的に届け、買い物客の傾向にリアルタイムに反応し、大規模な在庫コストの削減を実現しています。

Walmart が予測を改善している方法を確認する
 
倉庫物流における AI

倉庫物流における AI

倉庫物流は、フルフィルメントまたは流通センターの製品フローを最適化、統合、自動化、および管理するための技術です。インテリジェント ビデオ解析 (IVA)ロボティクス、 自動化、サプライ チェーンの管理に NVIDIA の AI ソリューションを組み合わせると、運用効率が高まり、プロセスのスループットが向上します。

GPU を活用した AI により、物理的な力を利用するオペレーションに一定レベルの認識が追加されます。注文を処理する倉庫ロボットは、決断する前にすべての不確定要素を評価し、変化する状況に適応できます。自動化されたレポート作成を使用することで、ピッキング、梱包、出荷される注文のエンドツーエンドの可視化と精度の向上を実現するルートを最適化できます。

レコメンデーションとビジュアル検索

レコメンデーションとビジュアル検索

成長を目指す小売業者にとって、顧客の行動を理解することがこれまで以上に重要になっています。ビデオ解析を活用した AI アプリケーションによって、現在オンラインで行っているのと同じように、店舗内の顧客の行動を可視化することができます。

人気の通路、滞留時間、商品購買層の洞察により、小売店は販売促進の強化と店舗のリアルタイム プロモーションの提供で、収益を向上させ、より良い体験を提供できます。​

E コマースの場合、 小売店は GPU を活用した機械学習とより高速かつより正確なレコメンダー エンジン向けのディープラーニング アルゴリズムを使用して、収益を 60% 向上させることができます。

対話型  AI

対話型 AI

自然言語処理 (NLP) は、小売店にとって、顧客に対する体験をパーソナライズ化し、カスタマー サービスを改善するのに役立ちます。また、顧客データをコンパイルして分析し、実践的な洞察を導き出すこともできます。NVIDIA は、人気の NLP モデル BERT のトレーニングと推論を最適化することで、リアルタイムの対話型 AI を可能にしています。

NVIDIA Jarvisは、音声認識と音声合成、言語理解、および視覚のためのディープラーニング モデルを融合したAI アプリケーションを構築/展開するためのプラットフォームです。Jarvis は、市販されている全ての Kubernetes インフラストラクチャと互換性がある NVIDIA EGX スタック上で実行されます。

あらゆる場所から日常業務をしましょう

世界がリモート ワークに移行するにつれ、消費者の購買傾向が変わってきています。IT 管理者からデータ サイエンティストまでの小売業界のプロフェッショナルは、このような傾向に対応する必要があります。GPU を搭載したハードウェアと仮想化ソフトウェアが、どのように組織のデジタル変革に役立ち、変化し続ける世界に対応しているかご紹介します。

E-Book を読む: あらゆる場所から日常業務をしましょう (小売業)

Web ページを見る: NVIDIA でリモート ワークをする

小売業界の先駆的スタートアップ企業

力のある革新的企業が新しい製品を開発し、小売業界に恩恵をもたらしています。NVIDIA のスタートアップ企業支援、NVIDIA Inception プログラムの一環として、こうした企業が GPU ベースの AI ツールを開発し、小売業界を変えています。Inception は、ディープラーニングの専門家とソート リーダーからなる広大なネットワークに先駆者たちを結び付け、起業家エコシステムを育みます。第 4 次産業革命の最前線で最先端なアプリケーションをご覧ください。 

Deep North — AI インサイトで店舗内体験を改善する

Deep North — AI インサイトで店舗内体験を改善する

Deep North により、実店舗の小売店や交通機関の拠点は、より良い顧客体験で客足をオンラインの世界から取り戻すことができます。

Malong Technologies — ラベルのない画像の分類

Malong Technologies — ラベルのない画像の分類

Malong は効率を改善してインテリジェントなビデオ解析を使用することで、商品損失を正確に削減し店舗でのセルフサービスを向上しています。

NVIDIA AI のコンサルティング パートナー ネットワーク

サービス提供パートナーは、ディープラーニング (DL)、機械学習 (ML)、および人工知能 (AI) によって提供される変革的なビジネスのメリットにおいて特別な専門知識を持っています。彼らが提供するコンサルティング サービスと、資産の保全や予測分析などの小売業における重要な用途に特化した影響力のあるソリューションについてご紹介します。

エッジ、データ センター、クラウドをつなぐ AI 小売業

エッジのリアルタイム AI

エッジのリアルタイム AI

NVIDIA のエッジ ソリューションは、ネットワークの末端 (エッジ) で連続するデータ ストリームを収集し、計算処理するように設計されています。AI コンピューティングは店舗で完全に実行され、商品損失をリアルタイムで分析し、店舗の従業員に通知します。また、購買層や顧客の買い物嗜好などを分析します。

スマート リテールは現代のパワフルな AI と NVIDIA EGX プラットフォームで可能になります。高速 AI コンピューティングのパワーを小売店にもたらします。

データ センターのためのパワフルなコンピューティング

データ センターのためのパワフルなコンピューティング

NVIDIA Tensor コア GPU は、ディープラーニングと機械学習モデルのトレーニング時間が劇的に短縮され、かつて不可能であった分析情報を提供することができます。エッジからデータ センターまで、Tensor Core GPU は主要なコンピューター システムおよびサーバー メーカーから入手可能で、AI モデルのトレーニングを加速します。Tensor Core GPU は、NVIDIA DGX™ システムでも利用可能で、ディープラーニングや機械学習の開発者の要求に応える、迅速な AI 導入のための DGX ソフトウェア スタックも備えています。

NVIDIA DGX A100 はあらゆる AI ワークフローのためのユニバーサル システムであり、前例のない計算処理密度、パフォーマンス、柔軟性を提供する世界初の 5 ペタフロップス AI システムです。

データ センターからクラウドまで、あらゆるプラットフォームで利用可能

データ センターからクラウドまで、あらゆるプラットフォームで利用可能

NVIDIA GPU は世界中のあらゆる主要なクラウド プラットフォームで利用できます。NGC は GPU 対応ソフトウェア コンテナーを提供していますが、これは TensorFlow、PyTorch、MXNet など、ディープラーニング フレームワークを含め、デプロイメントを簡単にします。NVIDIA Metropolis もクラウドで利用できます。これは Azure IoT Edge と完全統合されており、近日中に AWS IoT Green Grass とも統合される予定です。

NVIDIA のソフトウェア ライブラリと SDK では、顧客がクラウド、サーバー、エッジに推論と AI をデプロイできるスケーラブル ソリューションを開発できます。このような SDK には、組み込み向けの  NVIDIA JetPack™ 、IVA 向けの  DeepStream ロボット工学向けの NVIDIA Isaac™ 、推論向けの  NVIDIA TensorRT™  DNN (ディープ ニューラル ネットワーク) 調整向けの  Transfer Learning Toolkit コンテナーと AI ソフトウェア向けの  NGC などがあります。

登録して NVIDIA から小売業界の最新ニュースを受け取る