倉庫物流における AI

倉庫物流、より具体的には「倉庫内物流業務」とは、フルフィルメント センターまたは流通センターでの商品の流れを統合、自動化、管理する技術です。NVIDIA の GPU を活用した AI ソリューションより、一定レベルの意識がサプライ チェーンに提供されます。インテリジェント ビデオ解析ロボット工学、自動化、管理によって、オペレーション効率の効率化、プロセスのスループットの向上、倉庫ロボットによるエンドツーエンドの可視化が可能になり、集荷、梱包、出荷される注文の精度を高めます。

スマート倉庫における AI

スマート倉庫では、エッジ AI テクノロジを利用して、在庫プロセスを自動化し、一般的な荷物の取り扱いを簡素化し、受注や他の流通センターへ荷物配送の際の不動産を最適化しています。開発者は、エッジでの推論のために、アルゴリズムの構築、トレーニング、導入のさまざまなコンポーネントを活用できます。

荷物取り扱い用ロボット

店舗スタッフは小売組織の顔です。接客時間を最大限に活用するために、接客と関係のない棚卸などの作業に費やす時間の削減に努めています。大規模な小売業では、ロボッティクス テクノロジを利用して、優先順位と部門に基づく品物の荷下ろしと仕分けを行い、在庫レベルをチェックし、棚の配置を改善し、価格の正確性を確保しています。

商品の規模と種類によるスループットの問題を解決するために、企業はエッジ コンピューティングを利用して荷物の検出、分類、サイズ推定、配置を行い、コンベヤーの速度を自動調整し、機械による仕分けを最適化しています。これにより、商品の破損や機械のダウンタイムを最小限に抑えることができます。

大規模流通ネットワークの経路最適化

倉庫と製造センターでは、AI を活用したロボットによって、きわめて複雑な商品の流れを解決しています。これらのロボットは、パワフルなディープ ニューラル ネットワークを利用して認識、区分、姿勢推定を行うことにより、自身の環境を認識し、物体を検出し、自律的に移動し、物体を移動します。業界大手の企業は、スループットの向上、注文ごとのカスタマイズ、差別化したカスタマー エクスペリエンスによって、競争優位性を拡大しています。
BMW Group では、
NVIDIA Isaac™ Robotics Platform によって、AI テクノロジを利用して工場の物流を改革することで、簡単に新しいモデルや構成を管理して顧客の需要に応えることができるようになりました。このアプローチにより、同じ生産ラインでより迅速に高品質な受注生産車を生産することができます。

 

ラストマイル配送ソリューション

交通、建造物、天候など、ラストマイル配送に影響を与える要因はいくつかあります。GPS データから天気予報まで、さまざまなソースからのリアルタイム データを使用してルートを最適化することができるため、燃料、人員、その他諸経費に大きな効果を与える可能性があります。さらに、GPU を利用したスマート ソリューションでルートを最適化するために、運送業者はより正確な配達枠を提供し、顧客に提供されるサービスのレベルを向上させることができます。これにより、顧客が重要な荷物を送ったり受け取ったりするためのさまざまなオプションが想定される場合に重要となる、より高いレベルの信頼がもたらされます。

登録して NVIDIA から小売業界の最新ニュースを受け取る