NVIDIA Omniverse

クリエイティブな世界、チーム、デジタル ツインをつなぎ、
創造する

3D デザイン コラボレーションと
ワールド シミュレーションの新時代

20 年におよぶ NVIDIA テクノロジの集大成である NVIDIA Omniverse は、3D デザイン コラボレーションと、マルチ GPU 対応のスケーラブルで真に迫ったリアルタイム シミュレーションのための、拡張が簡単なプラットフォームです。Omniverse は、個人で創作し開発する方法と、チームで作業する方法を根本から変えます。あらゆる個人にとって、また、あらゆる組織のあらゆるプロジェクトにおいて、創作の可能性が広がり、効率性が上がります。

ライブ コラボレーション

ユーザーとアプリケーションの間のライブ コラボレーション

1 つのインタラクティブ プラットフォームで、ユーザーと業界で最も人気のある 3D デザイン ツールがリアルタイムで一体になります。ワークフローが簡素化され、データを準備しなくても更新、繰り返し、変更が瞬時に行われます。

リアルタイムのスピード、オフラインの品質

リアルタイムのスピード、
オフラインの品質

Omniverse は、スケーラブルな真のリアルタイム レイ トレーシングとパス トレーシングを提供します。美しく、物理的に正確で、写真のようにリアルな映像をリアルタイムで生成します。

RTX テクノロジで現実をシミュレーション

現実をシミュレーションする
RTX テクノロジ

1 回作成したら、どこでもレンダリングできます。NVIDIA RTX テクノロジで、レンダリングした写真のようにリアルな映像をあらゆるデバイスにストリーミングします。自分の作品を簡単に共有でき、本来の品質で表現できるようにします。

3D のデザインとコラボレーションからデジタル ツインと開発まで

コンセプトから最後の納品まで、NVIDIA Omniverse は複雑な 3D ワークフローを加速するだけでなく、アイデアとイノベーションの次の最先端を可視化し、シミュレートし、コード化するための画期的な新しい方法を可能にします。レイ トレーシング、AI、コンピューティングなどの複雑なテクノロジを統合して 3D パイプラインにすることにコストがかからないばかりか、アドバンテージになりました。

本物の 3D デザイン コラボレーション

複雑なワークフローで、真に同時のマルチアプリ/マルチユーザー コラボレーションが初めて可能になりました。場所も問いません。Pixar の USD (Universal Scene Description) が可能にする NVIDIA Omniverse は現行の 3D ワークフローにシームレスなコラボレーションとパフォーマンス強化をもたらします。

3D デザイン コラボレーション
Omniverse で構築されたデジタル ツイン

デジタル ツインと世界のシミュレーションの強化

Omniverse でデジタル ツインを開発すれば、BMWEricssonSiemens Energy、 Lockheed Martin などの企業は、ユニークな物体、プロセス、環境を物理的に正確に仮想複製できます。すべて現実のデータ入力と絶えず同期され、AI で可能にされます。NVIDIA Omniverse Enterprise を利用することで、デジタル ツイン、工場、5G ネットワーク、発電所、気候研究が今までより短時間かつ高い忠実度で再現されています。

3D ツールの開発を加速する

Omniverse プラットフォームで開発するときは、20 年以上にわたる NVIDIA のコア レンダリング、AI、シミュレーション テクノロジを活用し、時間と労力を節約してください。モジュラー式で拡張性に優れた Omniverse は、厳密にモノリシックの開発に取って代わります。Python ベースのローコード/ノーコード開発を利用すれば、開発者は 3D ツールをすばやく効率的に、かつ持続可能な方法で開発できます。

nvidia-omniverse-developers-2c50-D

つながり、創作するためのオープン プラットフォーム

Omniverse は業界をリードする 3D ツールで現代のワークフローをつなげ、強化します。開発者は独自のワークフローを簡単に構築できます。

オープンで相互運用可能

オープンで相互運用可能

  • USD、PhysX、MDL のオープンソース標準がベース
  • 業界をリードする 3D デザイン ツールに接続
  • データセットやアセットを簡単にインポート
マルチ GPU、マルチノードの拡張性

マルチ GPU、マルチノードの拡張性

  • シングルユーザーからエンタープライズ データセンターまで、規模に合わせて最適化
  • 強化された計算処理能力を活用
  • 生産性を上げ、アウトプットを改善る
あらゆるオーディエンスが利用可能

あらゆるオーディエンスが利用可能

  • クリエイティブなワークフローとツールをスーパーチャージ
  • 接続と強化されたソリューションの開発
  • ローカルまたはリモートで企業のチームをつなげる
  • Omniverse に接続
  • Omniverse で構築

Omniverse への接続を使用または開発することで、接続されたマルチアプリ ワークフローを活用します。一方向または双方向の Omniverse Connector を使用する場合でも、さまざまな Omniverse 拡張を使用する場合でも、Omniverse プラットフォームのオープン性と柔軟性を活用してワークフローが可能になります。
Omniverse への接続を開発しますか? Omniverse 開発者リソース センターにアクセスしてください。

Autodesk 3ds Max

Autodesk 3ds Max

Graphisoft Archicad

Graphisoft Archicad

Autodesk Arnold

Autodesk Arnold

Esri ArcGIS CityEngine

Esri ArcGIS CityEngine

Blender

Blender

Reallusion Character Creator 3

Reallusion Character Creator 3

Maxon Cinema 4D

Maxon Cinema 4D

HDR Light Studio

HDR Light Studio

SideFX Houdini

SideFX Houdini
近日発売予定

Reallusion iClone

Reallusion iClone

Ipolog

Ipolog

Marvelous Designer

Marvelous Designer
近日発売予定

Autodesk Maya

Autodesk Maya

Autodesk MotionBuilder

Autodesk MotionBuilder
近日発売予定

Notch

Notch
近日発売予定

OnShape

PTC OnShape

Kitware Paraview

Kitware Paraview

Adobe Photoshop

Adobe Photoshop

PlantFactory

PlantFactory

Radical Live

Radical Live

Replica Studios

Replica Studios

Autodesk Revit

Autodesk Revit

McNeel & Associates Rhino、Grasshopper を含む

McNeel & Associates Rhino、Grasshopper を含む

Trimble SketchUp

Trimble SketchUp

Substance 3D Designer

Substance 3D Materials

Twinbru

Twinbru

Chaos V-Ray

Chaos V-Ray

Epic Games Unreal Engine 4

Epic Games Unreal Engine 4

Epic Games Unreal Engine 4

Epic Games Unreal Engine 4

さまざまなワークフローを加速したり、Omniverse Kit で独自のアプリケーションを構築したりするために設計された、専用の Omniverse Apps をご覧ください。