より速く、よりスマートで、よりコネクテッドな世界を創造する

小売店、街の通り、倉庫の床、病院に設置された無数の IoT センサーが大量のデータを生成しています。そのデータから短時間で得たインサイトを活用することは、サービスの改善、運用の合理化、さらには人命救助にもつながります。ただし、それを行うには、企業はリアルタイムの意思決定を推し進める必要があり、データが存在する場所、つまり、ネットワークの端 (エッジ) に AI コンピューティングを導入しなければなりません。

エッジ コンピューティングとは?

エッジでは、IoT とモバイル デバイスによって組み込みプロセッサが使用され、データが収集されます。エッジ コンピューティングはそうしたデバイスに AI のパワーを直接もたらし、収集したデータを、クラウドやデータ センターではなく、その発生源で処理します。それにより AI パイプラインが高速化され、必要な場所で、リアルタイムの意思決定に力を与えます。 

遅延時間が短縮

遅延時間が短縮

データをアクション ポイントで処理すれば、データの移動が減るか無くなり、AI が高速になります。

セキュリティの強化

セキュリティの強化

取り扱いに慎重を要するデータがローカルで処理されれば、クラウドに送信する必要がなくなり、セキュリティが向上します。

コスト削減

コスト削減

クラウドにデータを送信するには、帯域幅とストレージが要求されます。ローカルで処理することでこうしたコストが下がります。

到達範囲の拡大

到達範囲の拡大

エッジ コンピューティングはインターネット アクセスを必要とせず、ローカルで行われます。そのため、AI を導入できる場所が広がります。

各種産業のエッジを見る

瞬時のインサイト。無限の可能性。

エッジ コンピューティングは、リアルタイムで常時オンのソリューションのために作られます。可能な限り発生源の近くでデータを処理することで遅延が最小限に抑えられ、組織は実用的なインサイトをリアルタイムで取得できます。たとえば、顧客に速やかに応え、執刀中の外科医に重要な情報を届け、最大限の効率性と安全性をもって倉庫を運用し、自動運転車両のイノベーションを推進できます。

  • 小売
  • 製造
  • スマート シティ
  • 医療
  • 通信

経営のスマート化で事業を推進

スマート ストアは小売業の未来です。Walmart のような業界をリードする小売店は、店舗内分析から倉庫運用にラストマイル デリバリまで、すべてを最適化すべく、エッジの AI 導入に動いています。  

経営のスマート化で事業を推進

未来の工場を作る

エッジ AI は、メーカーによる未来の工場実現に役立っています。BMW はエッジ AI を利用し、その組み立てラインを 360 表示できるようにしました。また、安全性と効率性に優れた自動運転のパワーにしています。  

未来の工場を作る

インフラストラクチャのスマート化で生活の質を高める

オーストラリアのリバプールでは毎日の通勤者の数が爆発的に増えることを予想しており、インフラストラクチャに新しい課題を抱えようとしています。都市はビデオ ストリームから得たリアルタイム インサイトを利用し、交通の流れを予測し、意思決定能力を高めています。その方法をご覧ください。

インフラストラクチャのスマート化で生活の質を高める

患者ケアの新しい標準を提供する

病院や医療の選択肢を賢く、安全にし、患者ケアを向上するために、AI が役立っています。エッジ コンピューティングを導入することで、AI が検査室、手術室のテーブル、患者の枕元に直接持ち込まれます。

患者ケアの新しい標準を提供する

あらゆる業界でサービスを加速する

5G、IoT (モノのインターネット)、エッジ コンピューティングがつながることで、ネットワーク パフォーマンスがターボチャージされ、つながっている工場、小売店、病院、さらには街の通りのエッジに通信サービスが移されています。   

あらゆる業界でサービスを加速する

エッジのリアルタイム パフォーマンスの詳細を見る。

エッジが手の届くところに

AI とクラウドネイティブ アプリケーション、IoT とその無数のセンサー、5G ネットワーキングがエッジの大規模 AI を可能にします。その可能性を現実世界の成果に変える NVIDIA ソリューションをご覧ください。アクション ポイントでインテリジェンスを自動化し、リアルタイムの意思決定を推進します。

エンドツーエンド AI プラットフォーム

エンドツーエンド AI プラットフォーム

NVIDIA EGX™ プラットフォームはエッジ コンピューティングの約束を果たすものであり、パワフルな分散型コンピューティング、安全なリモート管理、業界をリードするテクノロジとの互換性を提供します。NVIDIA-Certified Systems™、組み込みプラットフォーム、ソフトウェア、管理サービスをひとつにするため、企業はエッジで AI のパワーを操ることができます。

AI に瞬時にアクセス

AI に瞬時にアクセス

エッジ AI の導入を短期間で可能にする NVIDIA LaunchPad AI LaunchPad を利用すると、アクセラレーテッド コンピューティングで実行されている NVIDIA AI に短期間、インスタンス アクセスできます。データを活用した最新のアプリケーションの開発と展開をスピードアップします。購入し、展開できるものと同じ完全なスタックで AI ワークフロー全体を対象に、短期間で試験し、試作品を製作できます。

高性能エンタープライズ グレードのソフトウェアを使用したデータ センター インフラストラクチャ

最適化された AI システム

NVIDIA-Certified Systems™ でエッジ コンピューティングに必須のプラットフォームが作られます。AI アプリケーションを展開するために最適化されたソリューションが提供されます。こうしたシステムからは、スケールアウト展開に必要なパフォーマンスとセキュリティが与えられ、エッジ コンピューティング向けに設計されたテスト済みの構成を利用することで組織は展開を簡単にできます。

エッジ フリートを指揮する

エッジ フリートを指揮する

NVIDIA Fleet Command™ は AI ライフサイクル管理のためのすぐに使えるソリューションです。展開の合理化、無線によるアップデート、細かな監視、層の厚いセキュリティが提供され、エッジ ソフトウェアの構築と保守管理が簡単になります。組織はゼロから AI に数分で移行できます。

認定された AI アプリケーション

認定された AI アプリケーション

NGC™ カタログは GPU で最適化されるソフトウェアのハブであり、エンドツーエンド ワークフローを簡単にし、高速化します。エンタープライズ品質のコンテナー、学習済み AI モデル、業界固有の SDK をオンプレミス、クラウド、エッジに展開できるため、企業はクラス最高のソリューションを構築し、今までより短期間で事業価値を創出できます。

5G を介して接続

5G を介して接続

NVIDIA AI-on-5G はエッジの AI と 5G の開発をまとめる統合プラットフォームであり、あらゆる産業を対象に企業のデジタル トランスフォーメーションを加速します。5G は無数のデバイスに基礎となる接続を提供し、AI のアルゴリズムとアプリケーションを、接続されているあらゆるオブジェクトまで拡張し、新しい用途と新しい市場を可能にします。

エッジの AI 展開を簡単かつ安全にするハードウェア、AI アプリケーション、管理サービスの詳細をご覧ください。

その他の資料を見る

エッジ AI について詳しく調べ、組織にとって最適な選択肢か判断してください。

フォローする

では、エッジ AI とは何か? 人、ビジネス、アクセラレーテッド サービスをひとつにまとめ、世界のつながりを増やし、世界をもっと身近にするパワフルなコンピューティングです。エッジ ニュースを購読し、最新の情報を受け取ってください。

よく寄せられる質問

  • エッジ コンピューティングとクラウド コンピューティングの違いは何ですか?

    エッジ コンピューティングはデータ ソースまたはその近くで実行され、インテリジェントなインフラストラクチャに適したデータのリアルタイム処理を可能にします。クラウド コンピューティングはクラウド内で行われます。このタイプのコンピューティングは柔軟性と拡張性が高く、速やかに始めたいお客様や用途がさまざまなお客様に最適です。 いずれのコンピューティング モデルにも明確な利点があり、多くの組織がコンピューティングにハイブリッド アプローチを求めています。

  • エッジ コンピューティングを使用する理由は何ですか?

    エッジ コンピューティングには、従来のクラウドやデータセンター コンピューティングと比較して遅延が少ないこと、帯域幅が増えること、データ主権などの利点があります。多くの組織が AI アプリケーションにリアルタイム インテリジェンスを求めています。たとえば、自動運転車両、工場の自律マシン、産業検査は、取り込んだデータに対して十分な速さで (リアルタイムで) 作動できない場合、安全上の重大な問題となります。 

  • エッジ コンピューティングは誰が活用していますか?

    エッジ コンピューティングは業界や用途に限定されません。あらゆる業界の企業がエッジ コンピューティングを活用してアプリケーションを高速化し、エッジで AI の長所を利用しています。たとえば、小売のスマート ショッピング体験、スマート シティのインテリジェント インフラストラクチャ、工業製造の自動化があります。