自動運転車両向けシミュレーション

仮想世界で自動運転車両の開発を加速する。

Omniverse 搭載の NVIDIA DRIVE Sim

自動運転車を導入するには、さまざまなシナリオで大規模な開発とテストが必要です。しかしながら、実世界で必要な距離を走ることは膨大な時間と資金を必要とします。また、めったにないシナリオや危険なシナリオに遭遇することは事実上不可能です。NVIDIA DRIVE Sim はスケーラブルで、物理的に正確かつ多様なシミュレーション プラットフォームでこのような課題に対処します。DRIVE Sim を利用することにより、生産性、効率性、テストカバレッジを改善し、実世界の運転を最小限に抑えながら市場に投入するまでの時間を早めることができます。

DRIVE Sim: 仮想車両と実世界の成果

DRIVE Sim は、忠実度が高く物理的に正確なシミュレーションを使用して、安全で、スケーラブルで、費用対効果の高い方法で、自動運転車両を実現します。NVIDIA RTX、Omniverse、AI など、NVIDIA のコア テクノロジを活用し、AV の開発と検証のためにさまざまな実世界のシナリオを生成できるパワフルなクラウドベースのコンピューティング プラットフォームを提供します。DRIVE Sim では、車両の認識システムをトレーニングし、意思決定プロセスをテストするためのデータセットを生成できます。また、ソフトウェアインザループ (SIL) 構成またはハードウェアインザループ (HIL) 構成で AV スタックに接続し、システム統合をテストできます。

Omniverse で機能を拡張

DRIVE Sim は、シミュレーションとレンダリングのためのコア エンジンを提供するNVIDIA Omniverse を基盤に開発されています。自動運転車のシミュレーションでは、タイミング、繰り返し性、リアルタイムのパフォーマンス要件が非常に厳しく、大規模な運転が必要です。さらに、物理ベースの仮想世界で AV センサー セットからデータを生成するには、膨大な計算負荷が必要です。NVIDIA Omniverse は、自動運転車両のための大規模なマルチセンサー シミュレーションに対応のマルチ GPU でゼロから設計されています。また、NVIDIA RTX を使用した物理的に正確なリアルタイム センサー シミュレーションが可能です。

自律走行車のトレーニングのための合成データ生成

NVIDIA Omniverse Replicator を搭載した DRIVE Sim は、カメラ、レーダー、LIDAR、超音波などの物理ベースのセンサー データを、対応するグランドトゥルースと共に生成します。そしてこのデータは、AV 用の AI 認識ネットワークのトレーニングに使用されます。合成データを使用することで、時間とコストが削減され、常に正確で、奥行き、速度、塞がれた物体など、人間がラベルリングできないグランドトゥルースを生成することができます。また、実際のデータを補強するために、珍しいシーンや危険なシーンのトレーニング データを生成することも可能で、いくつかの AV の最大の課題を解決するための的を絞ったアプローチも可能です。

DRIVE Constellation

DRIVE Sim はローカル ワークステーションで実行し、ノード間で複数の GPU に拡張できます。また、ソフトウェアインザループ (SIL) 構成とハードウェアインザループ (HIL) 構成にも対応しています。

NVIDIA DRIVE Constellation からは、2 台のサーバーをパワーとする HIL の専用ハードウェア プラットフォームが提供されます。1 台目は、DRIVE Sim を実行し、シミュレーション環境から合成センサー データを生成する GPU サーバーです。2 台目は、車両サーバーで、対象の車両コンピューターを搭載し、現実世界で運転しているのと同じ反応をします。DRIVE Constellation は、データ センターで大規模に実行するように設計されています。自動運転車の開発と検証を加速するために、対象のハードウェアでビット精度とタイミング精度で自動運転ソフトウェアをテストします。これは、NVIDIA DRIVE AGX プラットフォームとの間に完全な互換性があります。サードパーティ製のハードウェアでカスタマイズすることもできます。

オープンで拡張性が高い

DRIVE Sim はオープン モジュラーであり、Omniverse KIT SDK で拡張できます。開発者は互換性のあるモデル、3D コンテンツ、検証ツールを開発できます。ユーザーは独自のプラグインを作成したり、DRIVE Sim エコシステム パートナーが提供する車両、センサー、交通プラグインの豊富なライブラリから選択したりできます。この柔軟性により、独自のユース ケースに合わせて DRIVE Sim をカスタマイズし、開発と検証のニーズに合わせてシミュレーション体験を調整できます。

Sim エコシステム パートナーのご紹介

MathWorks logo

MathWorks RoadRunner で環境を DRIVE Sim に速やかにインポートする

dSpace logo

dSPACE HIL と DRIVE Sim で車両全体をシミュレーションする

Luminar logo

DRIVE Sim で Luminar のセンサー モデルを使って詳細なライダー シミュレーションを実現

Hum3D logo

Hum3D マーケットプレイスから DRIVE Sim にアセットを直接持ち込む

carsim logo

DRIVE Sim に直接、CarSim 車両動的モデルを接続する

AVL logo

AVL の Model.CONNECT プラットフォームに接続することで V&V 機能を速やかに拡張する

NVIDIA の車載ソリューションは、未来の輸送に取り組んでいる自動車メーカー、ティア 1 サプライヤー、スタートアップ企業、研究機関に利用されています。