Omniverse で動作する NVIDIA DRIVE Sim

バーチャル世界で自動運転車両の開発を加速します。

自動運転車両向けシミュレーション

自動運転車両は現代で最も複雑なエンジニアリングの課題の 1 つであり、開発チームと同じくらい優れたツールを必要とします。実社会で AV を完全かつ安全にテストすることはできません。そのため、NVIDIA DRIVE Sim™ は物理的に正確なシミュレーション プラットフォームを提供し、大規模で高速かつ効率的な AV テストと検証を行えるように設計されています。

ニューラル再構築エンジンの紹介

ニューラル再構築エンジン (NRE) は、実世界のデータをシミュレーションに直接取り込み、リアリズムを高め、生産速度を上げる一連の AI ツールです。NRE は、ドライブ中に収集されたビデオ データをインタラクティブな 3D テスト環境に変換します。開発者は初期シーンをさらに難しくするため、シナリオを変更したり、合成オブジェクトを追加したり、ランダム化を適用したりすることができます。

閉ループ シミュレーションのための DRIVE Sim

NVIDIA DRIVE Sim では、物理的に正確なシミュレーションと忠実度の高い 3D 環境を使用して、AV 開発のバーチャルな試験場を構築します。閉ループ テストは、個々のソフトウェア コンポーネントまたは AV スタック全体で行うことができます。 

Omniverse で機能を拡張

DRIVE Sim は、シミュレーションとレンダリングのためのコア エンジンを提供する NVIDIA Omniverse™ プラットフォームを基盤に開発されています。NVIDIA Omniverse はマルチ GPU 対応で設計されており、厳しいタイミング要件と精度要件を備えた自動運転車両に物理的に正確なリアルタイムのマルチセンサー シミュレーションを提供します。

合成データ生成のための DRIVE Replicator

NVIDIA DRIVE Replicator™ を使用することで、稀で困難なシナリオの多様な合成データセットを生成し、物理ベースのセンサー データやピクセル精度の Ground Truth ラベルを作成することができます。これらのラベルには、深度、速度、遮蔽、その他のラベル付けしにくいパラメーターが含まれています。

開発チーム全体で 1 つのツールチェーン (SIL および HIL)

DRIVE Sim は、すべてのチームが同じシミュレーション ツールセットを使用できるように設計されており、ローカル ワークステーションで SIL を実行することも可能で、1 つ、または複数のノードの複数の GPU にもスケールできます。ハードウェア オプションは柔軟です。DRIVE Sim はローカルで、データセンターの OVX サーバーで実行することも、多くの クラウド パートナーのマシン イメージを使用して実行することもできます。HIL やその他の XIL のユース ケースでは、NVIDIA DRIVE Constellation™ システムを使用できます。

ユーザー エクスペリエンスをシミュレートする

ユーザー エクスペリエンスのための設計には、車両の動作と車内でのインタラクションの両方を考慮する必要があります。DRIVE Sim は人間の In-the-Loop テストに使用でき、自動車デザイナーやソフトウェア エンジニアが共同作業し、完全なエンド ユーザー エクスペリエンスをシミュレーションできるバーチャル スタジオです。

オープンで高い拡張性

DRIVE Sim は、オープンかつモジュラー形式で拡張性に優れ、ユーザーは自分のニーズに合わせてシミュレーターをカスタマイズできます。センサー モデル、車両のダイナミクス、交通モデル、カスタム ハードウェアのインターフェイスなど、付属の SDK を使用して簡単に拡張機能をビルドできます。DRIVE Sim には、豊富なエコシステム パートナーもあり、互換性のある拡張機能が提供されています。

Sim エコシステム パートナーを見る

MathWorks ロゴ

MathWorks RoadRunner で環境を DRIVE Sim に速やかにインポートします。

CARLA ロゴ

互換性のあるシミュレーション対応コンテンツの共有エコシステムを活用します。

AVL ロゴ

Foretellix のカバレッジ ドリブン検証プラットフォーム Foretify™ に接続することで、DRIVE Sim の V&V 機能を速やかに拡張できます。

Aeva ロゴ

DRIVE Sim で Aeva のセンサー モデルを使用したシミュレーションで FMCW LiDAR テクノロジを利用できます。

AEye ロゴ

DRIVE Sim で Arbe の認識画像処理レーダー モデルにアクセスします。

cepton ロゴ

DRIVE Sim は Cepton’s の忠実度の高いセンサー モデルと組み合わせて使用できます。

Hum3D ロゴ

Hum3D マーケットプレイスから DRIVE Sim にアセットを直接持ち込みます。

dSpace ロゴ

dSPACE HIL と DRIVE Sim で車両全体をシミュレーションします。

Luminar ロゴ

DRIVE Sim の Luminar のセンサー モデルで詳細な LiDAR シミュレーションを実現します。

DRIVE Sim の最新ニュースを読む

See All >

NVIDIA の車載ソリューションは、自動車の革新を形作る自動車メーカー、ティア 1 サプライヤー、スタートアップ企業、研究機関に提供されます。