自動運転車のためのエンドツーエンドの高精細地図作成

地図作成の未来

自動運転車の基礎となる進化したセンサーと高性能な計算処理は、次世代の HD マップ (高精細地図) の開発をも推進します。NVIDIA DRIVE Mapping は、既存の HD マップ、車両センサー データ、NVIDIA DRIVE プラットフォームを使用してクラウドベースの地図を作成、更新し、自己位置を推定できるオープンかつスケーラブルなソリューションです。

HD マップでの自己位置推定

DRIVE Localization は、自動運転車の開発に不可欠なコンポーネントです。NVIDIA DRIVE Xavier の計算処理能力と、NVIDIA DRIVE Mapping パートナー企業から提供される世界中の HDマップを活用します。自動運転車両は、広い市場で流通するセンサーを利用して、先例のない信頼性と精度で HD マップ上での自車両の位置を特定します。

既存の HD マップを更新

DRIVE Mapping は、道路を走る車両の認識機能を用いて、NVIDIA のパートナーの地図作成企業がクラウドベースの HD マップを更新するのに利用されます。NVIDIA DRIVE 認識機能では、周囲の特徴と新たな目印 (道路の境界、車線、標識、電柱、信号など) を車両内で検出し、HD マップ作成プロバイダーから提供される地図との比較を行います。DRIVE MapStream によって、データはクラウドにアップロードされ、道路上に新しい特徴や変更された特徴があれば、地図の更新を行います。

地図の作成

地図更新と同様のプロセスを使用して、DRIVE Mapping は地図がない場所で新しい地図を作成できます。NVIDIA DRIVE プラットフォームの認識ソフトウェアは、新しく地図を作成する地域内を走る車両から送られてくるセンサー データに基づいて、特徴的な目印を検出します。そのデータが以前の走行で得られた情報と融合され、HD マップが構築されます。このようにして新しく作成された個人的な地図は、myRoutes と呼ばれています。

お問い合わせ

NVIDIA の車載ソリューションは、未来の輸送における自動車メーカー、ティア 1 サプライヤー、スタートアップ企業、研究機関に提供されます。