自動運転車両のための HD Mapping

自動運転車両のためのマッピングの未来

自動運転車の基礎となる進化したセンサーと高性能な計算処理は、次世代の HD マップ (高精細地図) の開発をも推進します。NVIDIA Map は、常に最新の状態に更新され、車両フリート全体にスケールする HD マップを作成するための NVIDIA プラットフォームです。

NVIDIA Map

NVIDIA Map は無数の NVIDIA DRIVE Hyperion 利用者の車両とデータ収集調査車両からデータを集め、HD 世界地図を最新の状態にし、安全で信頼できるものにします。このプラットフォームは、L2+ からレベル 4 の運転自動化をサポートします。また、機械学習とディープラーニングを実装する完全自動化マッピング パイプラインを活用し、人間の介入なしで HD 地図を作成、更新、検証します。このオープン ソリューションは、自動車産業で、あらゆる自動運転車両ハードウェアおよびドライビング スタックで利用できます。

クラウドソース マッピング

NVIDIA Map はクラウドソースのデータを用いて世界規模での HD マップを完全自動で作成し、幅広い環境でレベル 2+ドアからドアまでの自動運転機能に利用されます。特定の国においてはすべての高速道路に対して人間による検証を追加で行い、レベル 3 機能もサポートします。NVIDIA Map は、位置特定や、計画、制御のためのカメラ レイヤーと、冗長化を行うレーダー位置特定レイヤーの両方をサポートする唯一の HD ソリューションで、暗い場所や悪天候で安全に自動運転を実現します。

グラウンド トゥルース マッピング

レベル 4 の自動化に対しては、NVIDIA Map には、高精度センサー装備のデータ収集調査車両によって作成され、人間が編集し、検証した地図が含まれます。こうしたフリートは自動運転車両が運行される場所を走行し地図生成を行い、ロボタクシーや配送車、自動運転トラックなど様々なレンジのアプリケーションで使われるグラウンド トゥルースを作成します。

NVIDIA と DeepMap

NVIDIA 傘下の企業となった DeepMap はエキスパートが開発した精確で拡張可能な HD マッピング テクノロジを提供し、NVIDIA Map のマッピング ソリューションを機能強化します。

NVIDIA の自動車ソリューションは、輸送の未来を創る自動車メーカー、ティア 1 サプライヤー、スタートアップ企業、研究機関が利用できます。