自動運転車両のための HD Mapping

地図作成の未来

自動運転車の基礎となる進化したセンサーと高性能な計算処理は、次世代の HD マップ (高精細地図) の開発をも推進します。NVIDIA DRIVE® Mapping は、常に最新の状態に更新され、フリート全体にスケールする HD マップを作成するための NVIDIA プラットフォームです。このオープン マッピング ソリューションでは、安全で堅牢な自動運転向けに、マップ内での車両位置をセンチメートルレベルの精度で推定します。

地図の作成

NVIDIA DRIVE Mapping では、DRIVE Hyperion センサー セット、NVIDIA DRIVE Orin ハイパフォーマンス コンピューティング、道路の特徴をセマンティックに検出するDRIVE Perception ソフトウェアによってスケーラブルな HD マップが完全に自動的に作成されます。このような検出結果は NVIDIA® DGX スーパーコンピューターに転送されます。このコンピューターが車両フリートからデータを集計し、正確な HD マップを維持します。

高いレベルの自律性を可能にするため、 NVIDIA は自動運転車両が運用される環境に高精度センサーを備えた調査用車両のフリートを配備し、地図を作成し、編集し、有効性を検証しています。

自己位置推定

自己位置推定によって自動運転車両はその方向、道路上における正確な位置、さらには車線を把握します。NVIDIA DRIVE Orin の計算処理能力を駆使する DRIVE Localization では、大量生産の車両センサーを利用し、センチメートルレベルの精度と堅牢性で HD マップ内での車両位置を特定します。

NVIDIA と DeepMap

DeepMap が NVIDIA の傘下に入りました。DeepMap のエキスパートが開発したスケーラブルな高精度テクノロジが加わり、DRIVE Mapping は高度なマッピングおよび自己位置推定ソリューションを提供します。

NVIDIA の車載ソリューションは、自動車の革新に携わる自動車メーカー、ティア 1 サプライヤー、スタートアップ、研究機関に提供されます。