自動運転車のためのエンドツーエンドの高精細地図作成

地図作成の未来がここに

NVIDIA は、自動運転車向けのエンドツーエンドの地図作成システムを提供しています。このシステムは、自動車メーカー、地図製作会社、スタートアップ企業での利用を想定して開発されており、高精細地図を短時間で作成し、常時更新することができます。以前は数週間かかっていた処理を、現在ではほぼリアルタイムで行うことができます。また自動運転車でも、同じアーキテクチャを用いて、地図の作成と最新状態の維持が可能です。

NVIDIA DRIVE Mapping は NVIDIA DRIVE™ PX AGX プラットフォーム  (AI スーパーコンピューター) とデータ センターの NVIDIA Tesla® GPU により、自動運転車の詳細地図の作成と更新を加速します。従来の地図作成では、車両に高価なセンサーを多数取り付けて膨大な量のデータを収集し、そのデータを記録してオフラインで処理する必要がありました。この高精細地図作成システムは、それとは対照的に、データ処理を車両上で行い、クラウドでの通信を最小限に抑えるため、高い作業効率が実現されます。以前は数週間かかっていた処理を、現在ではほぼリアルタイムで行うことができます。

DRIVE Mapping は自動運転向けの NVIDIA DRIVE ソフトウェアのアーキテクチャに準拠して開発されています。DRIVE Mapping および DRIVE AV は両方とも自動車メーカー、地図製作会社、スタートアップ企業が自動運転車の開発を加速できるように設計されています。カメラのみを使用する場合でも、システム全体に組み込まれたディープラーニング アルゴリズムによって、車線や交通標識、道路上の境界を示す物体が検出され、それを基に、地図作成だけでなく、状況変化の把握も行われます。

位置特定には Structure from Motion (SFM) アルゴリズムが使用され、複数のカメラから収集したデータが詳細な 3D マッピング情報に変換されます。車両のさまざまな内部センサーのデータを統合し、GPS データやカメラと組み合わせることで、主要目標物の正確な位置を決定できます。LIDAR 情報を利用し、非常に詳細で情報が豊富な地図を作成できます。地図作成、地図更新および地図改良のあらゆる段階が、人工知能 (AI) と VSLAM (Visual Simultaneous Localization and Mapping) を組み合わせて処理されています。

このエンドツーエンドのシステムには、車載 AI スーパーコンピュータと、Tesla GPU ベースのクラウド コンポーネントの両方が組み込まれており、自由にカスタマイズすることができます。自動車メーカーにとっては、地図を作成し、その地図を最新の状態に維持するこのアーキテクチャがいずれ、自動運転車の安全な走行を可能にすることになります。

自動車のライフサイクル

お問い合わせ

NVIDIA の車載ソリューションは、未来の輸送における自動車メーカー、ティア 1 サプライヤー、スタートアップ企業、研究機関に提供されます。