Volvo Cars

Volvo Cars と NVIDIA

Volvo Cars は、2016 年より NVIDIA と協力し、高性能でエネルギー効率に優れた NVIDIA DRIVE® プラットフォームで、新モデル向けの AI 支援型運転機能を開発しています。これらの次世代ソリューションは、自社と Volvo Cars の自動運転ソフトウェア協力会社である Zenseact の両方で開発した高度なソフトウェアを備えています。

XC90 を電気的に継承するセンサー – 完全なセンサー セット

進行中のテクノロジ: NVIDIA と Volvo Cars が、ソフトウェア定義の安全な交通による未来について詳しく説明します

自動化、電動化、そしてコネクテッドな交通手段の未来へと続くすべての道は、鍵となる 1 つのイノベーションを通過することになります。つまり、ソフトウェアディファインドな集中コンピューティングです。

NVIDIA DRIVE AGX Xavier

次世代の完全電動 Volvo は、人命を守るため LiDAR テクノロジおよび AI 駆動型スーパーコンピューターを標準装備

Volvo Cars が今後発表予定の完全電動フラッグシップ SUV では、業界をリードする安全テクノロジを標準装備します。同社は自動車の安全のための新しいベンチマークを設定し、より多くの人命を守ることを目指しています。

NVIDIA DRIVE AGX ORIN

Volvo Cars が NVIDIA DRIVE Orin を各車種に使用し、NVIDIA との共同体制を拡大

Volvo Cars は、長年にわたる安全の伝統を、はるか未来へと広げています。本日の GTC 基調講演では、世界的自動車メーカーが、次世代自動車の自動運転コンピューター開発に NVIDIA DRIVE Orin™ を使用すると発表しました。

DRIVE AGX Xavier

Volvo Cars が量産車のために NVIDIA DRIVE AGX Xavier を選択する

DRIVE AGX Xavier™ は、は、高度に統合された AI 自動車コンピューターです。Volvo 社はこれを使用して自動運転機能の開発を合理化し、開発およびサポートの総コストを削減しています。最初の量産リリースでは Level 2+ の運転支援機能が実現されます。これは従来の ADAS システムを超えるものです。

NVIDIA DGX-1

自動車メーカーが AI の用途を自動運転車両のみならずバック オフィスにも導入

自動運転技術を扱う、Volvo と Veoneer による合弁ベンチャー企業である Zenuity では、高性能な NVIDIA DGX™-1 で、爆発的に増加しているセンサー データを処理し、モデルのトレーニング、データのボトルネック削減、開発サイクルの高速化を行っています。

NVIDIA の自動車ソリューションは、自動車の未来を変える自動車メーカー、ティア 1 サプライヤー、スタートアップ企業、研究機関に力を与えています。