NVIDIA RTX サーバー

データ センターの高性能ビジュアル コンピューティング

あらゆるデバイスで場所を問わずに、NVIDIA RTX™ サーバーで RTX 対応のパフォーマンスを実現。NVIDIA® Quadro RTX™ 6000 および 8000 GPU に NVIDIA 仮想 GPU (vGPU) ソフトウェアと業界をリードするサードパーティ製アプリケーションを組み合わせた柔軟性の高いリファレンス デザインにより、優れた計算処理能力を発揮します。CPU を基盤とする従来のソリューションの費用、スペース、電力のほんの一部を必要とする検証済みサーバーで、仮想化からシミュレーションまで、さまざまなワークロードを強化します。

デスクトップからデータ センターまで有効性が認められたワークロードを高速化

  • レンダリング
  • 仮想ワークステーション
  • スケーラブル ビジュアライゼーション
  • コンピューター支援エンジニアリング (CAE)
  • AR/VR

高性能の仮想ワークステーション

RTX サーバーを仮想ワークステーションに利用して、仮想化環境に Quadro RTX プラットフォームのパワーをもたらすことで、クリエイティブ プロフェッショナルはどこからでも作業を行える上、生産性の向上、データ センター使用率の改善、IT 関連のコストおよびメンテナンスの削減を実現できます。1 台の NVIDIA RTX サーバーと Quadro ® 仮想データ センター ワークステーション (Quadro vDWS) ソフトウェアで、手軽に管理できる複数の仮想ワークステーションをプロビジョニングしたり、仮想ワークステーションとレンダリング ノードを組み合わせたりできます。また、NVIDIA NVIDIA 仮想コンピュート サーバー (vComputeServer) ソフトウェアにより、データ サイエンス ワークロードを仮想化することで、離れた場所にいても、処理能力要求が最も高い分析/計算プロジェクトに取り組むことができます。

高性能の仮想ワークステーション

レンダリング

GPU アクセラレーションのパワーを利用して最終フレームをレンダリングしたり、ローカル ワークステーションのパフォーマンスを向上します。NVIDIA® OptiXCUDA-X AI などの NVIDIA 製ソフトウェアやサードパーティ製の RTX 対応ソフトウェアで NVIDIA RTX サーバーを構成することで、デザイナーやアーティストはジョブをオフラインでレンダリングできます。また、レイトレーシングを加えた最終的な画像を、CPU ベースの従来のレンダリング ノードに比べて何分の 1 かの時間で作成できます。さらに、デスクトップのレンダリング ワークロードを RTX サーバーに送ることで最大 10 個の GPU のパワーが得られます。アプリケーション ビューポートで驚異的な対話型ビジュアライゼーションが実現します。

レンダリング
Image courtesy of Image Engine ©NETFLIX.

スケーラブルなビジュアライゼーション ソリューション

スケーラブルなビジュアライゼーション向けに設定された NVIDIA RTX サーバーで、大規模かつ動的なビジュアライゼーションを実現。大型ディスプレイ環境を簡単に配備して、データセンターから管理できます。次のテーマ パーク アトラクションを開発する場合でも、多面的 CAVE (Cave Automatic Virtual Environment) を開発する場合でも、RTX サーバーがあれば臨場感に優れたビジュアル体験を創造できるようになりました。

Scalable Visualization Solutions
Image courtesy of IGI.

コンピューター支援エンジニアリング

エンジニアリング シミュレーションでは計算リソースが集中的に使用されます。CAE のアナリストやエンジニアが昼に設計し、夜に計算するために必要な高い計算処理能力を実現する RTX サーバーと Quadro vDWS ソフトウェアによって、シミュレーションの構築、試験、繰り返しにかかる時間を短縮できます。GPU を動力とする並列処理で 32 ビットのシミュレーション コードが高速化します。同時に、NVIDIA Turing™ RT コアと Tensor コアによって、一部のアプリケーションによる計算処理やレンダリングにかかる時間が短縮され、生成物の物理的精度が上がります。複数の NVIDIA GPU と Quadro vDWS を組み合わせることができるため、シミュレーションの実行が今までより速くなり、滑らかになり、安全になります。VDI 環境で忠実度の高いモデルが処理されます。

コンピューター支援エンジニアリング
Image courtesy of Altair

エッジの AR と VR

GPU ビジュアライゼーションをエッジに導入するには、クラウド オーケストレーション、仮想化、5G ネットワーク運用などにわたる専門知識が必要です。拡張現実 (XR) 5G マルチアクセス エッジ コンピューティング (MEC) 向けに設定した NVIDIA RTX サーバーと RTX サーバー対応システムを動力源とするフルスタック ハードウェア/ソフトウェア ソリューションを利用することで、エッジでも短期間でビジュアライゼーションを実現できます。このソリューションは Quadro RTX GPU、NVIDIA Quadro vDWS ソフトウェア、NVIDIA CloudXR™ SDK を組み合わせたものであり、開発者は仮想化環境で、AR、VR、仮想ワークステーションの実験を 5G 経由で実行できます。

AR and VR at the Edge

Omniverse による共同作業のレンダリング

3D 制作パイプライン向けの高性能コラボレーション プラットフォームである NVIDIA Omniverse では、スタジオのワークフローが合理化されます。クリエイターはさまざまな業界標準アプリケーションを利用し、資産を簡単に共有できます。Omniverse Viewer では、そのような資産をレイ トレーシングされたリアルタイム ビューポートで操作できますが、そのビューポートを高速化するのが NVIDIA RTX RT コア、CUDA® コア、Tensor コアです。これらのコアは、NVIDIA RTX Server と Quadro vDWS の組み合わせで利用できます。

GPU 対応ソフトウェア パートナー

お使いのアプリケーションが NVIDIA GPU 対応かどうかをご確認ください。

NVIDIA RTX サーバー パートナー

以下でパートナーを選択すると、サーバー モデルとデザイン ガイドが表示されます。

  • 仮想化
  • バッチ レンダリング
  • スケーラブルなビジュアライゼーション ソリューション
  • CAE シミュレーション
  • AR と VR エッジ
Cisco
Dell EMC
HPE
SuperMicro
Lenovo
HPE

NVIDIA のスペシャリストと連絡を取る