NVIDIA Omniverse Enterprise

Universal Scene Description で産業メタバース アプリケーションを開発。

3D パイプラインと仮想世界の接続、構築、運用

メタバースや 3D インターネット アプリケーションの登場とともに、制作パイプラインが非常に複雑になり、チームが地理的に分散され、互換性のないソフトウェア ツールやサイロ化されたデータが増えました。

現実に忠実な 3D アセットや 3D 環境の設計から、大規模なデジタル ツインの運用まで、NVIDIA Omniverse™ Enterprise と Universal Scene Description (OpenUSD) を利用すれば、物理的に正確な大規模シミュレーションや処理能力要求の高い AI、産業、科学ワークフローの課題などをチームは克服できます。

特徴と利点

Omniverse Enterprise の主な属性

データの相互運用性

USD ワークフローの非破壊的な相互運用性を解放することで、ツール間でデータをインポート、エクスポート、転送する必要が大幅になくなります。

データの相互運用性
Scalable Visualization and Simulation

スケーラブルなビジュアライゼーションとシミュレーション

製品や環境を物理的に正確に視覚化し、シミュレートすることで、物理的なテストにかかる時間やコストを減らします。

 Easy-to-Use Suite of Developer Tools

使いやすい開発者ツール群

プログラミングに関する広範な知識がなくても、カスタムのワークフローやアプリを簡単に作成し、展開することができます。基盤アプリから使い始めることで、設計と構築に集中的に取り組むことができます。

Ecosystem of Application Building Blocks

アプリケーション構成要素のエコシステム

​​業界をリードするサードパーティの拡張機能を豊富に取り揃えた Omniverse のカタログを使用すれば、実績のあるアプリケーションやコネクタとチームのツールをシームレスに統合できます。

Built-In AI

組み込み AI

​​AI をワークフローに組み込み、予測機能と自然言語処理で反復作業を自動化します。

3D エコシステムをつなぐ

Omniverse プラットフォームは、Universal Scene DescriptionMaterial Definition Language (MDL) などのオープン スタンダードをベースに作られています。USD はパワフルな 3D 形式、フレームワーク、エコシステムであり、3D のシーンや世界の中でコラボレーションしたり、3D のシーンや世界を表現、構成、シミュレートすることができます。USD のサポート状況はお使いの業界ツールによって異なります。それに応じて、Omniverse にはさまざまな方法で接続できます。最高の忠実度を得るなら、Omniverse Connectors で接続します。これは複数のソフトウェア スイートをすべて Omniverse に取り入れ、同時にライブシンクのコラボレーションやイテレーションを可能にするプラグインです。

NVIDIA と NVIDIA パートナーは引き続き、ライブリンク コネクタの開発をします。Omniverse Enterprise サポートで利用できるコネクタは以下でご覧ください。

Autodesk 3ds Max

Autodesk 3ds Max

Reallusion ActorCore

Reallusion ActorCore

Autodesk Alias

Autodesk Alias

Graphisoft Archicad

Graphisoft Archicad

Esri ArcGis CityEngine

Esri ArcGIS CityEngine

Reallusion Character Creator

Reallusion Character Creator

PTC Creo

PTC Creo

HDR Light Studio

HDR Light Studio

Reallusion iClone

Reallusion iClone

Ipolog

Ipolog

Autodesk Maya

Autodesk Maya

Kitware Paraview

Kitware Paraview

Autodesk Revit

Autodesk Revit

McNeel & Associates Rhino including Grasshopper

McNeel & Associates Rhino including Grasshopper

Siemens NX

Siemens NX

SketchFab

SketchFab

Trimble SketchUp

Trimble SketchUp

Adobe Substance 3D Painter

Adobe Substance 3D Painter

SyncTwin

SyncTwin

Visual Components

Visual Components

Visual Components

Visual Components

業界を超えたメタバース アプリケーションの構築

Omniverse Enterprise の事例

アニメーション映画のコンセプト デザインから工場の産業デジタル ツインまで、Omniverse Enterprise は自動車建築、エンジニアリング建設とオペレーション、メディアとエンターテインメント製造といった産業でメタバース アプリケーションを開発し、運用する手法を一変させています。

  • 自動車
  • 建築、エンジニアリング、建設、施工
  • メディアとエンターテイメント
  • 小売
  • 科学と研究

Omniverse での世界初の仮想工場の開設を祝う

アプリ:

mercedes-benz-star-logo

自動車の設計と製造のためのデジタル ツインの構築

アプリ:

自動車製造の変革

logo-woods-bagot

コラボレーションと可視化の強化

logo-kpf

3D 設計ワークフローの高速化

logo-outdoor-living-3d

制作とレビューの高速化

industrial-light-and-magic-logo

自然言語を使用してアセットを検索

logo-wpp

自動車マーケティング サービスの変革

アプリ:

logo-dneg

グローバルな映画制作ワークフローの再定義

lowes-logo