プロフェッショナル ビジュアライゼーションのための NVIDIA
Ada Lovelace アーキテクチャ

無限の可能性を実現するパフォーマンス

次世代のグラフィックス GPU の紹介

NVIDIA RTX™ プラットフォームは、高度なグラフィックス、コンピューティング、AI のパワーを組み合わせることで、プロフェッショナルのビジュアル コンピューティングに常に革命を起こし、あらゆる新世代のプロフェッショナル ユーザーに、よりパワフルなレイ トレーシング機能をもたらします。NVIDIA Ada Lovelace GPU アーキテクチャは RTX のパワーを加速し、レンダリング、グラフィックス、データ サイエンス、AI のパフォーマンスを大幅に強化します。完璧を目指した技術と最先端の革新的機能により、Ada は、プロフェッショナルのワークロードのため、RTX を新たな高みへと引き上げます。

Ada の機能にパワーを与えるテクノロジ

第 3 世代 RT コア

前世代の最大 2 倍のスループットと、レイ トレーシングとシェーディングまたはノイズ除去機能を同時実行可能な新しい第 3 世代 RT コアは、実写のようにリアルな映画コンテンツのレンダリングや、製品デザインの仮想プロトタイプ作成などのワークロードを大幅に高速化します。また、このテクノロジは、レイ トレーシングによるモーション ブラーのレンダリングも高速化し、ビジュアルの精度を高めて結果を高速化します。

第 4 世代 Tensor コア

ディープラーニングの行列乗算と積和演算に特化した第 4 世代 Tensor コアは、より多くのデータ型を高速化し、前世代の Tensor 行列演算と比較して 2 倍以上のスループットを実現する Fine-Grained Structured Sparsity 機能をサポートしています。Tensor コアのアップデートはまた、新しい FP8 精度モードを高速化します。独立した浮動小数点と整数のデータ パスにより、計算とアドレッシング計算を組み合わせてワークロードをより効率的に実行できます。

CUDA コア

Ada ベースの CUDA® コアは、前世代 GPU と比較して単精度浮動小数点 (FP32) 演算に対して倍速処理をもたらします。3D モデル開発などのグラフィックス ワークフローや、コンピュータ支援エンジニアリング (CAE) のデスクトップ シミュレーションのようなコンピューティング ワークフローのパフォーマンスを大幅に向上させます。

PCIe Gen 4.0

新しい Ada GPU は PCIe Gen 4.0 に対応し、PCIe Gen 3.0 の 2 倍の帯域幅を提供します。AI やデータ サイエンスなどの膨大なデータを利用するタスクで、CPU メモリからのデータ転送速度を向上させます。PCIe のパフォーマンスが高速化するため、GPU のダイレクト メモリ アクセス (DMA) 転送の速度も向上し、GPUDirect® から動画対応機器への動画データ転送や I/O が高速化する他、GPUDirect Storage も使用可能になります。

企業のチーム、アプリケーション、プロジェクトなどを加速

新しい Ada Lovelace ベースの NVIDIA RTX 6000 GPU は、NVIDIA Omniverse™ Enterprise プラットフォームに並外れたレベルのグラフィックス、AI、コンピューティング性能をもたらし、新しいレベルのコラボレーション、コンテンツ制作、シミュレーションを可能にします。

アーキテクチャ製品ドキュメント

NVIDIA Ada Lovelace アーキテクチャで構築された最新の RTX 製品をご覧ください。