AI 活用した持続可能エネルギー

ソフトウェアデファインドなグリッド (電力網) なら、回復力が上がり、電気料金が下がり、再利用可能エネルギーと DER (分散型エネルギー源) 統合により二酸化炭素の排出量が減ります。発電所のデジタル ツインから AI を活用したグリッド運用に、リアルタイム制御を可能にする次世代のスマート メーターまで。明日のグリッドが持続可能性に優れた未来へのエネルギー転換を加速します。

自律運用

自律運用

NVIDIA Modulus と NVIDIA Omniverse により、発電所は徹底的な手動検査を自動化し、予知保全の質を高め、予期しないダウンタイムを減らし、作業員の健康と安全を守ることができます。

世界の脱炭素化

世界の脱炭素化

2050 年までには野心的なゼロエミッション目標を達成するために、風力、太陽、電気などの再生可能エネルギー資源の採用が進んでいます。AI は、グリッドでこうした新しい資源を動的に管理できます。

送電網の分散化

送電網の分散化

電気自動車が増え、住宅の太陽光パネルのオンライン化が進むと、従来のグリッドではすぐに過負荷になり、信頼性が下がります。ソフトウェアをベースにし、エッジ AI をパワーとするスマート グリッドでは管理を自動化できます。

あらゆる段階でエネルギー効率を高める

ソフトウェアデファインドのスマート グリッド

電気自動車、太陽光パネル、風力発電基地など、分散型エネルギー資源の管理が、従来のグリッドにとって課題となっています。エッジ AI であれば、エネルギー資源を動的に管理し、需要を予測し、供給量を割り当て、グリッドの回復力を高めることができます。NVIDIA® Jetson エッジ AI プラットフォームをベースとするソフトウェアデファインドのスマート グリッド チップを搭載したスマート メーターの進化は、公益事業やその顧客に高い価値を提供し、クリーン エネルギー企業や市場を開発するサードパーティに新しいビジネス チャンスをもたらします。

ソフトウェアデファインドのスマート グリッド
送電線の予知保全

送電線の予知保全

米国では、電力会社が 1 億 8500 万本の電柱を所有し、変圧器、ヒューズ、接続されているその他の機器に故障がないか、状態を追跡するために毎年千万ドル規模の金額を支出しています。この徹底的な手動検査は最大 10 年かかることがありますが、それでも各機器の状態は家庭と企業に電力を安全に届ける上で重要です。NVIDIA Jetson エッジ AI プラットフォームをサービス トラックに配備することで、電力会社は、送電線に近すぎる場所で育っている植物を特定するなどして、データの収集と分析を自動化できます。また、NVIDIA Omniverse を導入することにより、企業はデジタル ツインで山火事をシミュレーションし、リアルタイムで火災を予測し、対応できます。

リアルタイム送電網管理

地域の大きな送電網は、負荷管理が複雑です。自律性があり、分散されたエネルギー資源を統合する小規模ローカル バックアップ電力設備であるマイクログリッドやナノグリッドが現れたことで、リアルタイムの負荷分散や価格調整がとてつもなく複雑になりました。NVIDIA GPU を導入すると、電力会社は電力系統の大規模シミュレーションを高速化し、電力の流れを最適化し、送電網の異常をすばやく特定できます。供給停止のスケジューリングや不測の事態の分析など、毎日のワークロードも高速化できます。

リアルタイム グリッド管理
発電所デジタル ツイン

発電所デジタル ツイン

世界的なエネルギー企業は、機器の保守管理や修理で予定外のダウンタイムを減らすために産業のデジタル ツインの構築を検討しています。このソリューションでは、物理機械学習ニューラル ネットワーク モデルのフレームワークの NVIDIA Modulus と、3D ワークフローのための物理的に正確な仮想世界シミュレーション/コラボレーション プラットフォームである NVIDIA Omniverse を使用します。リアルタイム データを分析して計画されたシャットダウンの頻度を減らすことで、電力会社は作業員の安全を維持し、現場の効率を向上し、年間数十億ドルのコスト削減を実現することができます。

公益事業エコシステムで AI を構築する

DOMINO
Noteworthy AI
National Renewable Energy Laboratory
Veritone

電力と公益事業を変える最新の AI イノベーションに関する最新情報をお届けします。