カンファレンスの行動規範

NVIDIA GTC に参加する者 (出席者、スポンサー、展示者、イベント会場スタッフ) 全員には、性別、性同一性と性表現、性的指向、能力、身体的特徴、体格、人種、民族性、国籍、年齢、宗教、社会経済的地位、政治的意見、テクノロジの選択、その他の個人的特徴に関係なく、GTC を誰にとっても害のないイベントにすることが求められます。

GTC の主催者は GTC を害のないイベントにすることに専心するものとします。形態を問わず、カンファレンス参加者のハラスメントや差別を許容しません。NVIDIA はこの行動規範を守り、誰にとっても安全で生産的な環境となるよう、すべての参加者に協力を求めます。

すべてのカンファレンス会場とカンファレンス関連ソーシャル イベントにて、また、NVIDIA カンファレンス デジタル プラットフォームにおいて、参加者の皆様が NVIDIA の行動規範を順守されることを期待いたします。

苦情の申し立て方法

皆様をサポートする NVIDIA のスタッフとボランティアはあらゆる問題に対処するように研修を受けております。イベント中、対処が必要な状況になったら、NVIDIA のスタッフとボランティアに声をかけてください。

ハラスメントを受けた場合、他の誰かがハラスメントを受けていることに気づいた場合、その他の心配がある場合は、ただちにカンファレンス スタッフまでお知らせください。または GTC_registration@nvidia.com. までメールでご連絡ください。匿名で報告する場合や、イベント中、すぐに対処する必要がない場合は、NVIDIA のサードパーティ ホットライン (守秘) から匿名で 正式な報告を提出 できます。カンファレンス中の報告は 24 時間以内に回答されます。カンファレンス中以外の報告への回答は、2 週間以内となります。

ハラスメントと差別的行為の形態には以下のものが含まれますが、それらに限定されません。  

  • いじめ
  • 個人攻撃または指小辞表現
  • 講演やその他の進行の中断を引き延ばす行為
  • 性的な言葉や画像
  • 性差別的、人種差別的、排他的な冗談と、方法を問わず他の参加者を侮辱する行為
  • 不快感を与える発言
  • 意図的な脅迫
  • ストーカー行為
  • 嫌がらせのための写真または録音
  • 不適切な身体的接触と望まれない性的注目
  • 不当なダイレクト メッセージ
  • 個人情報の開示

NVIDIA の行動規範に違反した場合

ハラスメントに当たる行動を止めるよう要求された参加者は、ただちに従うことが求められます。

ある参加者がハラスメント行為に関わった場合、カンファレンスの主催者は適切であると見なした措置をとることがあります。たとえば、加害者に警告を出す、返金なしでカンファレンスから退場させる、今後のカンファレンスへの参加を禁止する、加害者の地元の組織や資金供給元に事件を報告する、地元の警察に事件を報告するといった措置があります。「ただの冗談です」という返答は受け入れられません。攻撃する意図がなくても行為はハラスメントと見なされます。措置がとられる場合、アピール プロセス (反論の機会) が与えられます。 

スポンサー向けの注記: スポンサーは、性差別的、人種差別的、その他の面で侮辱的な画像、アクティビティ、その他の素材を使用しないでください。スポンサーの代表者とスタッフ (ボランティアも含む) は、性的特色のある衣類、制服、コスチュームを着用したり、その他の方法で性的特色のある環境を作ったりすることがないようにしてください。この規範は、公式スポンサーと、ブランディングの一環としてカンファレンス名を利用するあらゆる組織の両方に適用されます。

また、「GTC Diversity and Inclusion」の 声明をお読みください。この行動規範は、Geek Feminism Wiki およびその他の組織が定めたガイダンスに基づいて作成されました。最終更新日: 2020 年 4 月。