Nvidia Iray

現実をシミュレートする

NVIDIA® Iray® は直観的な物理ベースのレンダリング テクノロジであり、インタラクティブ レンダリングとバッチ レンダリングのどちらのワークフローにおいても写真のようにリアルな画像を生成します。AI ノイズ除去、CUDA®NVIDIA OptiXマテリアル定義言語 (MDL) を取り入れた Iray は、最新の NVIDIA RTX™ ベースのハードウェアと組み合わせることで世界最高レベルの性能を発揮し、非の打ち所のない完璧な映像を記録的な速さで届けます。

最新の NVIDIA テクノロジを利用

最新版の Iray には RTX のサポートが追加されています。専用のレイトレーシング加速ハードウェア サポート (RT コア) と最新の高速化構造が取り入れられ、お使いのグラフィックス アプリケーションでリアルタイムのレイ トレーシングを可能にします。

SOLIDWORKS Visualize render

NVIDIA RTX サポート

2019 年にリリースした Iray SDK では、すべてのレンダー モードで NVIDIA RTX テクノロジが活用されています。AI ノイズ除去と組み合わせることで、写真のようにリアルなレンダリングが数分ではなく数秒で生成されます。

AI ノイズ除去

最新の NVIDIA ハードウェアの Tensor コアを使用すると、最終フレーム レンダリングと写真のようにリアルなインタラクティブ レンダリングの両方にディープラーニングのパワーがもたらされます。この独自の機能により、最終的な画像は短時間で完成し、インタラクティブ レンダリングはスムーズになり、シーンの構成や照明をより迅速に理解できるようになります。

Interactive image showing an image with AI denoising on and off
Image of NVIDIA Materials Definition Language

NVIDIA のマテリアル定義言語

NVIDIA マテリアル定義言語 (MDL) により、表面の色からその反射特性や屈折特性、さらには表面から放射される光まで、マテリアルの特性が定義されます。その中には、カットアウト、ディスプレイスメント、バンプ マップなど、表面の主要な幾何学的形態描写では通常モデル化されない付加的な幾何学的特性も含まれます。

マルチ GPU とマルチマシンのセットアップ

Iray では、同じマシン内で実行される任意の数または組み合わせの GPU と CPU をサポートし、レンダリングで使用する組み合わせを制御できます。そのため、マルチ GPU システムは Iray アプリケーションに最適な選択肢となります。クラウドベースのシステムの場合でも同様です。

Multi-GPU and Multi-Machine Setup

NVIDIA Iray の機能

NVIDIA は Iray の機能セットを継続的に進化させ、デザイナーやデジタル アーティストの物理ベース 3D/VR レンダリング ワークフローを改善しています。

  • 高度な処理
  • 照明
  • カメラ
  • マテリアル
  • 合成

インスタンシング

メモリを節約し、アニメーション化されたオブジェクトをすぐに更新。

丸い角

面や丸みが明示的にモデリングされていない場合でも、ハイライトを表示。

断面

複数の断面 (任意で断面キャップを利用可能)。

デカール

複数の両面ステッカーをオブジェクトに付加。

フォトメトリック ライト

測定データに基づくリアルな照明。

ライト パス エクスプレッション

さまざまな種類のライト パスを異なるフレーム バッファに分割。

エミッシブ ジオメトリ

物理ベースのリアルな照明モデルがソフトなシャドウなどの望ましいエフェクトを生成。シンプルで自然なセットアップ。

輝度分布

色分けされた画像をレンダリングし、輝度を決定。

被写界深度

レンダリング モードごとに最適化された、効果的な被写界深度を実装。

モーション ブラー

静止画像に動きを与え、レンダリングされたアニメーションで流れを強調。

立体視

右目用と左目用でカメラ設定を分け、立体視映像を出力。

パノラマ スナップショット

円筒状または球状マップをレンダリング。

毛髪/毛皮

MDL ベースのマテリアル記述を使用し、スプライン ベースの毛皮/毛髪ジオメトリをレンダリング。

測定マテリアル

MDL で測定したマテリアルを簡単に使用。

ボリューム レンダリング

あるボリューム内で発生するインタラクションのシミュレーション。

サブサーフェス スキャタリング

表面下で発生するマテリアル インタラクションのシミュレーション。

マット オブジェクト

マット オブジェクトは、環境にすでに存在する要素またはバックプレートのスタンドインとして定義することが可能。

AOV 出力

さまざまな付加的な画像情報を格納するバッファの出力をサポート。

ライン/トゥーン レンダラー

トゥーン スタイルや隠線スタイルでシーンをレンダリング。

ブルーム

後処理でブルームとグレアを追加。

Iray を入手する方法

Image created using Iray plug-in

Iray プラグイン

いくつかのパートナーは既に、人気の 3D コンテンツ作成アプリケーション (Autodesk Maya、Autodesk 3ds Max、McNeel Rhinoceros) 内で Iray にアクセスができるよう最新の統合機能を開発しています。

Image created using SOLIDWORKS Visualize with Iray SDK integration

Iray SDK 統合

NVIDIA Iray は、使いやすくてしかも説得力があるレンダリングを必要とするあらゆるアプリケーションにシームレスに統合できるように設計されています。Iray SDK は、統合段階で必要なプロフェッショナル サポートを提供する NVIDIA パートナーから入手できます。

Iray が統合されているソフトウェア アプリケーション

NVIDIA のデザインとビジュアライゼーションの最新情報を入手しましょう。