NVIDIA DRIVE ソフトウェア

ソフトウェアで、自動車はインテリジェント マシンに変わります。NVIDIA DRIVE ソフトウェア スタックは、オープンでカスタマイズ可能なソフトウェア レイヤーで構築されています。認識、自己位置推定とマッピング、行動計画と制御、ドライバー モニタリング、自然言語処理など、さまざまな最先端 AV アプリケーションを効率よくビルドしデプロイすることができます。

 

DRIVE OS

DRIVE ソフトウェア スタックの基礎となる DRIVE OS は、アクセラレーテッド コンピューティング用の初のオペレーティング システムです。DRIVE OS には、センサー入力処理のための NvMedia、効率的な並列コンピューティング実装のための NVIDIA CUDA® ライブラリ、リアルタイムに AI 推論を行うための NVIDIA TensorRT など、ハードウェア エンジンにアクセスするための開発者向けのツールやモジュールが含まれています。

 
 

DriveWorks

NVIDIA DriveWorks® SDK は、自動運転車開発に欠かせない、DRIVE OS 上で動作するミドルウェア機能を提供します。DriveWorks には、センサー抽象化レイヤー (SAL) やセンサー プラグイン、データ レコーダー、車両 I/O のサポート、ディープ ニューラル ネットワーク (DNN) フレームワークが含まれます。DriveWorks はモジュラー型かつオープンで、自動車産業のソフトウェア規格に準拠するように設計されています。

 

DRIVE AV

DRIVE AV ソフトウェア スタックは、認知レイヤー、マッピング レイヤー、プランニング レイヤーのほか、高品位な実世界の運転データでトレーニングされたさまざまな DNN で構成されています。こうした豊富な認知出力は、自動運転とマッピングのどちらにも活用できます。プランニングと制御のレイヤーでは、NVIDIA Safety Force Field 計算処理モジュールが、プライマリ プランニング システムのアクションをチェックし、車両を衝突から守ります。

 

DRIVE IX

DRIVE IX は、車室内をセンシングするオープン ソフトウェア プラットフォームで、革新的な AI コクピット ソリューションを提供します。DRIVE IX は、先進のドライバーおよび搭乗者モニタリング、AR/VR ビジュアライゼーション、車両と搭乗者間の自然言語インタラクションを実現する機能や DNN を使用した、認知アプリケーションを提供します。また、

AI を活用した自動運転の次のステップに進みましょう。