NVIDIA DRIVE AGX

NVIDIA DRIVEAGX 組み込みスーパーコンピューティング プラットフォームは、カメラ、レーダー、ライダーからのデータを処理して周囲の環境を認識し、地図に合わせて車両の位置推定を行い、安全な経路を計画し実行します。この AI プラットフォームは自動運転、車室内向け機能、ドライバー モニターなどの安全機能をサポートしています。それらの機能はコンパクトでエネルギー効率に優れたパッケージで提供されます

NVIDIA Drive AGX Xavier

NVIDIA DRIVE AGX Xavier

NVIDIA DRIVE AGX Xavier™ は 30 TOPS (Trillion Operations Per Second/1 秒あたり 1 兆演算) の計算処理能力を誇り、レベル 2+ とレベル 3 の自動運転を可能にします。そのコアとなるのは、車載用として初めて量産された Xavier SoC です。これには、CPU、GPU、DLA (Deep Learning Accelerator/ディープラーニング アクセラレータ)、PVA (Programmable Vision Accelerator/プログラマブル ビジョン アクセラレータ)、ISP (Image Signal Processor/イメージ シグナル プロセッサ)、ステレオ/オプティカル フロー アクセラレータという、6 つの異なる種類のプロセッサが組み込まれています。

NVIDIA DRIVE AGX Pegasus

NVIDIA DRIVE AGX では 2 つの Xavier SoC と 2 つの NVIDIA Turing™ GPU のパワーを利用し、320 TOPS という前例のないスーパーコンピューティングを達成します。このプラットフォームは、ロボタクシーのような、レベル 4 やレベル 5 の自律システム向けに設計されています。

DRIVE PX Pegasus

NVIDIA DRIVE AGX Pegasus

NVIDIA DRIVE AGX Pegasusでは 2 つの Xavier SoC と 2 つの NVIDIA Turing™ GPU のパワーを利用し、320 TOPS という前例のないスーパーコンピューティングを達成します。このプラットフォームは、ロボタクシーのような、レベル 4 やレベル 5 の自律システム向けに設計されています。.

DRIVE PX Pegasus

NVIDIA DRIVE Hyperion

NVIDIA DRIVE Hyperion は、自動運転の認識機能評価やデータ収集のためのプラットフォームです。完全なセンサー スイートと DRIVE AGX AI コンピューティング プラットフォームに加え、自動運転、ドライバー モニター、可視化のためのソフトウェア フルスタックで構成されています。DRIVE Hyperion 開発者キットはテスト車両に搭載することが可能で、 自動運転車両の開発のために、DRIVE AV ソフトウェアを試したり、データの収集を行ったりすることができます。DRIVE Hyperion では、NVIDIA DRIVE OTA (Over-The-Air) インフラストラクチャ/サービスを利用して、ソフトウェアの更新が行われます。

NVIDIA Drive AGX Hyperion

NVIDIA DRIVE Hyperion

 

NVIDIA DRIVE Hyperion は、自動運転の認識機能評価やデータ収集のためのプラットフォームです。完全なセンサー スイートと DRIVE AGX AI コンピューティング プラットフォームに加え、自動運転、ドライバー モニター、可視化のためのソフトウェア フルスタックで構成されています。DRIVE Hyperion 開発者キットはテスト車両に搭載することが可能で、 自動運転車両の開発のために、DRIVE AV ソフトウェアを試したり、データの収集を行ったりすることができます。DRIVE Hyperion では、NVIDIA DRIVE OTA (Over-The-Air) インフラストラクチャ/サービスを利用して、ソフトウェアの更新が行われます。

 

次世代 DRIVE AGX

開発プラットフォームの詳細をご確認ください。

AI 搭載の自動運転車の開発を始める