自動運転車向けハードウェア

NVIDIA DRIVE® 組み込みスーパーコンピューティング プラットフォームは、カメラ、レーダー、LiDAR からのデータを処理して周囲の環境を認識し、地図に合わせて車両の位置を推定し、安全な経路を計画し、実行します。この AI プラットフォームは自動運転車室内向け機能ドライバー モニターなどの安全機能をサポートしています。それらの機能はコンパクトでエネルギー効率に優れたパッケージで提供されます。

NVIDIA DRIVE Hyperion

NVIDIA DRIVE Hyperion は量産を見据えた自動運転車両向けプラットフォームです。この AV リファレンス アーキテクチャは、12 台の外部カメラ、3 台の車室内カメラ、9 台のレーダー、12 台の超音波センサー、1 台の前方 LiDAR、グランドトゥルース用データ収集用の 1 台の LiDAR を含む完全なセンサー スイートを DRIVE Orin™ ベースの AI コンピューティングと統合することで、開発、テスト、検証を加速します。DRIVE Hyperion は、自動運転用のフル ソフトウェア スタック (DRIVE AV) と、ドライバー監視およびビジュアライゼーション (DRIVE IX) を利用し、OTA によって車両の生涯にわたり新たな機能や新たな能力を追加することができます。また、世代を超えて互換性を持つよう設計されているため、NVIDIA のパートナーは DRIVE Orin プラットフォームへの現在の投資を活用し、NVIDIA DRIVE Atlan™ やその次の世代にシームレスに移行できます。

NVIDIA DRIVE AGX Hyperion
NVIDIA DRIVE Orin システム オン チップ

NVIDIA DRIVE Orin

NVIDIA DRIVE Orin SoC (システム オン チップ) は、254 TOPS (毎秒1 兆回の演算) を実現したインテリジェントな車両向けのセントラル コンピューターです。これは、自動運転機能、コンフィデンス ビュー、デジタル クラスター、AI コックピットの理想的なソリューションです。スケーラブルな DRIVE Orin 製品ファミリを使用することで、レベル 2+ システムからレベル 5 完全自動運転車までの全ての車両を 1 度の開発投資で構築し、スケールさせ活用することが可能です。

NVIDIA DRIVE AGX Pegasus

NVIDIA DRIVE AGX Pegasus では 2 基の NVIDIA Xavier™ SoC と 2 基の Turing™ GPU のパワーを利用し、320 TOPS というスーパーコンピューティング機能を達成します。このプラットフォームは、ロボタクシーなど、あらゆる種類の自律システム向けに設計されています。

NVIDIA DRIVE AGX Pegasus
NVIDIA DRIVE AGX Xavier

NVIDIA DRIVE AGX Xavier

NVIDIA DRIVE AGX Xavier は 30 TOPS という性能を実現し、レベル 2+ とレベル 3 の自動運転を可能にします。そのコアとなるのは、自動運転向けに初めて量産された 車載グレードの Xavier SoC です。これには、CPU、GPU、ディープラーニング アクセラレータ (DLA)、プログラマブル ビジョン アクセラレータ (PVA)、イメージ シグナル プロセッサ (ISP)、ステレオ/オプティカル フロー アクセラレータという、6 つの異なる種類のプロセッサが組み込まれています。

NVIDIA DRIVE Atlan

NVIDIA の次世代 NVIDIA DRIVE Atlan SoC は、データ センター テクノロジに見られる性能、安全性、セキュリティを備えた、車輪が付いたデータ センターです。Atlan は、NVIDIA DRIVE Orin の 2 倍 のコンピューティング パフォーマンスを実現し、未来の安全で確実な自動運転車の開発プラットフォームの基盤となるように設計されています。

AI 搭載の自動運転車の開発を始める方法を見つける