CES 2020 の GeForce: 新しい G-SYNC ULTIMATE Mini-LED と 360 Hz テクノロジ、新しい機能が詰まった Game Ready ドライバー、25 機種の新しい G-SYNC Compatible モニター/BFGD、『Wolfenstein: Youngblood』のレイ トレーシング対応、『Quake II RTX v1.3』
NVIDIA は CES 2020 でたくさんの話題を振りまいていますが、その理由は Game Ready ドライバーの新機能、Mini-LED や 360 Hz を採用した最先端の e スポーツ G-SYNC モニター テクノロジ、LG の新しい G-SYNC Compatible BFGD、25 機種の新しい G-SYNC Compatible ゲーミング ディスプレイのサポート、レイ トレーシングのリリース、『Wolfenstein: Youngblood』の DLSS と NVIDIA Highlights、レイ トレーシングを導入したリマスター版『Quake II RTX』の最新アップデートのリリースなど、たくさんの告知にあります。続きを読む >

CES 2020 で発表された G-SYNC に関する話題: 360Hz の e スポーツ向けモニターを初公開、Mini-LED の詳細が明らかに、G-SYNC 対応 BFGD として LG 2020 OLED TV を発表、G-SYNC Compatible ゲーミング モニターとして新たに 25 機種を追加
CES 2020 では、新しい G-SYNC、G-SYNC ULTIMATE、G-SYNC BFGD、G-SYNC Compatible ディスプレイが発表されました。さらに、4K HDR ゲーミングを向上させる新たな Mini-LED 技術と、ゲーミングにおける競争力をさらに高める最先端の 360Hz e スポーツ モニターも発表されました。
最新の「CES Game Ready ドライバー」により、『Wolfenstein: Youngblood』のレイ トレーシングのサポートや、新型 G-SYNC Compatible ディスプレイといった新しいゲーミング機能を提供
最新の Game Ready ドライバーでは、最大フレーム レートのコントロール、改善された画像鮮明化機能、新しい Freestyle 分割画面フィルター、VR ゲーム用の新しい可変レート スーパーサンプリング機能などが利用できます。さらに『Wolfenstein: Youngblood』のレイ トレーシング、DLSS と Highlights のアップデート、『Quake II RTX』バージョン 1.3、新型 G-SYNC Compatible ディスプレイ 8 種類をサポートしています。
高いフレーム レートが E スポーツに重要な理由
60 FPS/Hz 以上のフレーム レートが e スポーツにとって重要な理由を深く掘り下げてみましょう。
前へ
/
次へ