Omniverse View

Omniverse View

Omniverse View はシームレスな共同設計、建築およびエンジニアリング プロジェクトの没入型ビジュアライゼーションと写真のようにリアルなレンダリングを実現するアプリケーションです。

インタラクティブで真にリアルなビジュアライゼーションをどこからでも

Omniverse™ View では、建築、エンジニアリング、設計、製造と製品開発、メディアおよびエンターテイメントのプロジェクト レビュー担当者が驚くほどのフォトリアリズムで 3D デザイン プロジェクトを共同でレビューできます。この簡単にナビゲートできるパワフルなツールキットは、あらゆるスキル レベルの専門家に Omniverse で作成されたシーンを提示し、レビューする機能を提供します。

nvidia-omniverse-view-ui-all-1cC-D
Image Courtsey of KPF
シンプルなユーザー インターフェイス

シンプルで直感的なデザイン

Omniverse View では、ユーザーは技術的な知識がなくても、シンプルなユーザー インターフェイスと操作しやすいツールキットを使用して、リアルタイムで美しく物理的に正確なモデル シミュレーションを簡単にナビゲートし、操作することができます。

優れた忠実度のモデルとのインタラクション

インタラクティブ ビジュアライゼーションの次の進化

真の現実への没入型ビジュアライゼーションを体験してください。Omniverse View を使用すると、複雑な 3D ワークフローにおけるイノベーション、イテレーション、レビュー プロセスに不可欠な、動的な仮想世界で完全に忠実なモデルを見て、操作することができます。

どんなデバイスにもストリーミング

加速され、コネクトしたレビュー

シームレスなレビュー プロセスを実現するために、技術設計チーム、プロジェクト マネージャー、サプライヤーが接続した任意のデバイスに Omniverse View をストリーミングします。編集や変更を共同でリアルタイムで確認できます。

 
インタラクティブ表示

簡単にレビュー

インタラクティブ表示

Omniverse View には、プロジェクトのレビュー担当者やプレゼンターが簡単に使用できるツールが含まれており、作業の範囲を広く紹介し、すべての詳細を即座にレビューできます。

ウェイポイントを使用すると、カメラの位置、時刻、レンダリング設定のスナップショットを簡単に取得でき、マークアップやコメントで注釈を付けることができます。そのため、ユーザーは特定の視点を簡単に保存して、オフラインでクライアントやチームと議論することができます。

Omniverse View には、高度な Omniverse RTXTM Renderer が搭載された複数のレンダリング モードがあります。共同作業者とプレゼンターは、リアルタイム RTX レイ トレース モードまたは、ほぼリアルタイムでの参照パス トレース モードを切り替えることができます。

Omniverse Connector によって有効化されたライブの同期ワークフローで、業界で主要なアプリケーション間で同時に作業しているチーム メンバーを参照してください。

レンダリング、素材、照明

無限のオプションを表示

複数のオプションとイテレーションを表示するのは簡単で、シーンにわずかな変化やフレーバーをもたらすツールのコレクションを使用します。

環境と背景の変更については、Omniverse View には、手続き型の動的な雲、アニメーション化した太陽の動きなど、事前設定された太陽と空のコレクションが含まれています。マイナーな詳細情報を設定するクイック セット ドレッシングについては、資産のコレクションで利用可能です。

完全に構成可能なセクション ツールは、任意のモデルについて単一切断面の迅速かつ正確なビジュアライゼーションを可能にします。

 
無限のオプションを表示
 
Omniverse View のシミュレーション ツール

シミュレーションとアニメーション

生命を吹き込む

プロシージャルでダイナミックな雲やアニメーションで動く太陽の描写など、太陽と空をシミュレーションする Omniverse View ツールであらゆるシーンに生命を吹き込みます。スイッチひとつで有効にできるプリセット コレクションを利用可能です。

Omniverse で接続されたアプリケーションから Omniverse に保存したアニメーションは、すべて Omniverse View で再生できます。太陽の描写をアニメーションとして再生することもできます。

Foster + Partners は相互運用性を重視しており、シームレスなデータ交換ワークフローを目指した特製ソフトウェアを開発しています。NVIDIA Omniverse を試したところ、共同デザイン プロセス向けのソリューションに組み込まれる可能性を秘めていると思いました。

— Foster + Partners

KPF は顧客対応に役立つ新しいアプリケーションのテストを常に行っています。NVIDIA Omniverse は、1 つのプラットフォームでリアルタイムのコラボレーション要件を実現するアプリケーションであると考えています。継続性のあるデザイン手法として、KPF の方向性を変えるでしょう。

— Cobus Bothma | 応用研究ディレクター | KPF

NVIDIA Omniverse は、最新の GPU のパワーを活用し、作成済みの環境を視覚化する目的で一から構築された、初めてのデザイン コラボレーション プラットフォームです。これは完全な接続環境で没入型の新しいエコシステムを実現し、複数のソフトウェアによる複雑なモデルの連携とビジュアライゼーションを可能にします。

— Robert Cervellione | スタジオ リーダー - デザイン テクノロジ | Woods Bagot

Omniverse View を使用開始する

Omniverse View は、ノート PC からデータ センターまで、あらゆる NVIDIA RTX デバイスで動作します。ダウンロードして Omniverse を使用開始します。

NVIDIA Omniverse をダウンロードします

1

NVIDIA Omniverse をダウンロードし、 インストールを実行してください。

Omniverse ランチャーを起動します

2

インストールが完了したら、Omniverse ランチャーを開きます。

[Apps] セクションで [View] を探し、[Install] をクリックします

3

[Apps] セクションで [View] を探し、[Install]、[Launch] の順でクリックします。

システム要件
要素 最小仕様
OS サポート Windows 10 (バージョン 1903 以上)
Ubuntu 18.04
CentOS7
CPU Intel I7
AMD Ryzen
2.5GHz 以上
CPU コア 8
RAM 16 GB
ストレージ領域 (空き容量) 50 GB
GPU あらゆる RTX GPU
VRAM 4 GB 以上
最小ビデオ ドライバー バージョン 455.28 (Linux), 456.71 (Windows)
注: Omniverse は、GeForce RTX や RTX プロフェッショナル GPU といった NVIDIA RTX 搭載システムでの実行を想定して構築されています。.理想的なパフォーマンスを得るため、GeForce RTX™ 2080、Quadro RTX™ 5000、またはそれ以上のグラフィックス カードを使用することをお勧めします。最新のドライバーについては、 こちら をご覧ください。

サポート

Enter the Omniverse

Deep dive into the platform through a series of GTC webinars hosted by Omniverse experts in various industries.

その他の Omniverse アプリ

Omniverse アプリは特定のワークフローを強化する目的で設計されています。実際の動作をご覧ください。

Audio2Face

Audio2Face

AI の力で、音声ソースのみから豊かな顔の表情を生成する

View

View

物理的に正確でフォトリアリスティックなこの強力なビジュアライゼーション ツールを使って、デザイン プロジェクトを共同でレビューしましょう。

Kaolin

Kaolin

この強力なビジュアル ツールを用いて、NVIDIA の Kaolin PyTorch ライブラリを利用した 3D ディープラーニング研究を簡素化し、加速しましょう。

Machinima

Machinima

ゲーマー向けの AI を活用したツールキットを使って、ビデオ ゲーム アニメーションのストーリーテリングをリミックス、再創造、再定義します。

Isaac Sim

Isaac Sim

写真のようなリアルさで忠実度の高い物理 3D 環境で、ロボットをインポート、ビルド、テストします。

DRIVE Sim

DRIVE Sim

自動運転車の開発において、現実との見分けが事実上つかないシミュレーション体験を活用しましょう。