小売の対話型 AI

自然言語処理 (NLP) と機械学習を組み合わせた対話型 AI は、人間とコンピューターの間の溝を埋め、自然なコミュニケーションを可能にします。小売業者が顧客ひとりひとりに合わせた便利な買い物体験でカスタマー サービスを改善するのに役立っています。また、消費者データをコンパイルして分析し、店舗とオンラインの両方で実用的なインサイトを導き出すことに利用されています。

「Kroger では、顧客体験のさまざまな面でチャットボットを導入し、対話型 AI を利用しています。たとえば、お客様がコール センターに電話をかけたとき、チャットボットが応答し、一般的な問題の解決を支援します。繰り返しとなりますが、顧客が注文の品を受け取りに来るとき、AI を利用してお客様の到着通知を担当の従業員にルーティングします」 – Kroger、ディレクター兼プリンシパル リサーチ エンジニア、Victoria Uti 氏

マルチモーダルの対話

文字起こしアルゴリズムが進化しており、対話型 AI がお客様に対応できるようになりました。話者を識別し、話した内容にラベルを付けます。NVIDIA® Riva は複数のセンサーから得られた音声データと映像データを結合させ、その情報を単一のストリームに送ります。送られた情報は、高度な文字起こし (複数の音声をリアルタイムで識別するなど) に利用できます。

NVIDIA 対話型 AI プラットフォーム
AI 対応チャットボット

AI 対応チャットボット

NVIDIA RivaNVIDIA EGX™ エンタープライズ プラットフォームで動作し、音声認識と音声合成、言語理解、視覚のためにディープラーニング モデルを結合する AI アプリケーションを構築し、展開することで小売業者がサービスを拡張することを可能にします。たとえば、Square は仮想スケジューラーに対話型 AI を導入し、店舗での購買者向けの会話を改善しました。Square Assistant はお客様の質問の 75% を理解し、支援できます。

仮想アシスタント

仮想アシスタントは私たちの日常生活の一分になっており、小売アプリケーションで非常に役立つ可能性があります。たとえば、タイで唯一のセブン-イレブン コンビニエンス ストアの営業許可を受けた CP All は最近、コール センターのサービス機能を強化するために AI を導入しました。同社のカスタマー サービス ボットは、コール センターのエージェントがよく寄せられる質問に回答し、顧客の注文を追跡するのに役立ちます。このボットは 97% の精度でタイ語を理解し、話します。

 NVIDIA 対話型 AI を利用する小売業者

登録して NVIDIA から小売業界の最新ニュースを受け取る