自動運転トラック

トラック輸送と物流は世界を発展させる上でますます重要な役割を果たしています。事実、米国ではトラックが全貨物の 70% 以上を運んでいます。eコマースの台頭により、効率的な輸送の需要が加速し続けています。 NVIDIA DRIVE は 24 時間運転という過酷な条件に耐えられるように設計された、スケーラブルなプラットフォームで、長距離輸送自動運転トラック向けに用意されました。

Level 2+ Driver Assistance
Image Courtesy of Plus

Level 2+ 運転支援

人間の運転手が運転している場合でも、AI はレベル 2+ の運転支援で安全性と効率性の向上に役立ちます。NVIDIA DRIVE により、トラック メーカーは周囲認識、サラウンド ビジョン、アクティブ セーフティ機能、AI 支援運転機能を組み込み、長距離トラックでのドライバーの負担を緩和することができます。このシステムにはドライバー モニタリング機能が含まれており、ドライバーが常に道路の先に注意を向けていることを確実にします。

中継地点から中継地点まで

長距離ルートの多くが、主要な輸送用の支店間や中継地点間で定期的に走っています。スケーラブルな NVIDIA DRIVE プラットフォームにより、頻繁に走行するルートでレベル 4 の自動化、つまりドライバーレス運転を実現し、日々のオペレーションにおける安全性と効率性を向上させることができます。

中継地点から中継地点まで
Image Courtesy of TuSimple
Facility-to-Facility
Image Courtesy of Locomation

施設から施設まで

配送地域内で商品を輸送するには、一般的に、ジオフェンスで囲まれた地域や工業道路を走行する車両が必要です。NVIDIA DRIVE は施設間の自動運転機能を備え、運転手や運転席のないトラックなど、新しいタイプの商用車の開発を可能にしています。

長距離輸送のためのエコシステム

Einride
FAW
Locomation
Navistar
Plus
TuSimple
Volvo Group

AI 搭載の自動運転トラックの開発を始める方法を見つける