NVIDIA Broadcast アプリケーション: セットアップ ガイド

執筆者: Gerardo Delgado 投稿日: 2020年9月17日 | 特集記事 Ampere 配信 GeForce RTX GPU ガイド Livestreaming

NVIDIA Broadcast について

NVIDIA Broadcast を利用すると、標準的なウェブカメラとマイクが AI の力で優れたスマート デバイスにアップグレードされ、あらゆる部屋がホーム ブロードキャスト スタジオに変わります。マイクの雑音や部屋の反響音の除去、バーチャル背景、ウェブカメラ自動フレーム、ビデオのノイズ除去といった AI 機能によって、ライブストリームのビデオと音声の品質が向上します。GeForce RTX GPU には専用 AI プロセッサである Tensor コアが搭載されており、その AI ネットワークにより高品質のエフェクトがリアルタイムで実行されます。

要件

GPU NVIDIA GeForce RTX 2060、Quadro RTX 3000、TITAN RTX 以降
RAM 8GB 以上の RAM
CPU 推奨: Intel Core i5 8600、AMD Ryzen r5 2600 以上
ドライバー NVIDIA Studio ドライバー 462.46 または、 Game Ready ドライバー 465.89、およびそれ以上
オペレーティング システム

Windows 10 64 ビット

接続 インストール中のインターネット接続

クイックスタート ガイド

NVIDIA Broadcast は Window PC 上に仮想デバイスを作成します。その仮想デバイスがマイク、スピーカー、ウェブカメラの出力を受け取り、AI エフェクトを適用し、さまざまな方法でそれらの出力の品質を高めます。お使いのライブストリーミング アプリケーションまたはビデオ会議アプリケーションでこの仮想デバイス (名前は NVIDIA Broadcast) を選択してください。

インストール:

  1. アプリケーションをダウンロードします。
  2. アプリケーションをインストールします。インストール中、お使いのシステムに必要なファイルがダウンロードされます。ダウンロード サイズは最大 400 MB です。接続が切れないようにしてください。
  3. システムを再起動します。

セットアップ:

  1. NVIDIA Broadcast を設定します。

a. NVIDIA Broadcast アプリケーションを開きます。

b. 各デバイスに移動し、1 番上にある入力デバイスを選択します。

c. 適用するエフェクトを選択します。

i. 必要であれば、複数のエフェクトを組み合わせることができます。

ii. 不要な GPU リソースの消費を避けるために、必要なエフェクトのみをオンにすることをお勧めします。

d. 必要に応じて、下にあるスライダーを使用してエフェクトの強さや設定を調整できます。

2. Windows のサウンド設定を確認します。

a. Windowsの [設定] > [システム] > [サウンド] に移動し、ご利用のヘッドセットまたはスピーカーが出力デバイスとして設定されていることを確認します。NVIDIA Broadcast Speakers をデフォルトに設定すると、全てのシステム音が遮断されてしまうため、設定しないでください。

b. 必要に応じて、NVIDIA Broadcast Microphone を入力として選択することができます。この場合、アプリごとに設定する必要はありません。NVIDIA Broadcast アプリで実際のマイクを選択するようにしてください。

3. お使いのライブストリーミング アプリケーションまたはビデオ会議アプリケーションを設定します。

a. 使用するアプリケーションを開きます。

b. [設定] に移動し、[音声] セクションと [ビデオ] セクションに移動します。

c. NVIDIA Broadcast デバイスを選択します。

i. マイク (NVIDIA Broadcast)

ii. Speaker (NVIDIA Broadcast)

iii. Camera (NVIDIA Broadcast)

特定のアプリを設定する方法については、こちらをご覧ください。

これで完了です。

詳細設定:

  • マルチエフェクトについて: バージョン 1.2 以上では、デバイスごとに AI エフェクトを組み合わせることができます。複数のエフェクトを実行すると、アプリの GPU 使用率が増えます。
    • 2 つ目のエフェクトを追加するには、[エフェクトを追加] ボタンをクリックします。
    • エフェクトを削除するには、エフェクト名をクリックし、下にスクロールして [x このエフェクトを削除] を見つけます。
  • サード パーティ製のフィルターによる問題を回避する: ノイズ キャンセルなど、NVIDIA Broadcast のものと似たエフェクトがアプリケーションによって適用されることがあります。エフェクトを二重に適用すると、しばしばエフェクトに誤動作が起こります。お使いのアプリケーションやドライバーでそのようなエフェクトを無効にすることをお勧めします。
  • 解像度を変更する: カメラ解像度の調整は、NVIDIA Broadcast で行う必要があります。お使いのストリーミング アプリケーションまたはビデオ会議アプリケーションでは、設定を既定のままにするか、または NVIDIA Broadcast の設定に合わせてください。NVIDIA Broadcast でウェブカメラの解像度を変更する場合、アプリでカメラを再読み込みする必要があります (すなわち、オフにしてオンにし、自動に設定されていない場合、解像度を調整します)。
  • マイク/スピーカーの接続/切断が頻繁に繰り返される場合 マイク/スピーカーを頻繁に変更する場合 (たとえば、抜き差しする場合)、NVIDIA Broadcast で既定の入力デバイスを選択できます。そうすることで、Windows によって検出されたマイク/スピーカーが新しい既定の入力デバイスとして自動的に使用されるようになり、毎回、自分で設定する必要がなくなります。
  • NVIDIA Broadcast を既定のマイクとして設定する: NVIDIA Broadcast は、Windows で既定のマイクとして選択できます。アプリケーションごとに自分で変更する必要はありません。この方法を取る場合、必ず NVIDIA Broadcast で実際に使用するマイクを選択してください。スピーカーにはこの設定は行いません。ビデオや音楽など、デバイスから入ってくるすべての音声をフィルタリングすることになるためです。

テストの方法

NVIDIA Broadcast にはテスト機能が組み込まれています。

  • マイクをテストするには、まず雑音がある状態で自分の声を録音します。次にファイルを再生し、エフェクトのオンとオフを切り替えてみたり、強さを調整したりして、エフェクトによる音声の変化を確認します。
  • スピーカーをテストするための録音がいくつか付属しています。それを聞きながらエフェクトのオンとオフを切り替え、変化を確認することができます。エフェクトの強さを調整することもできます。
  • ウェブカメラをテストするには、プレビュー ウィンドウを使用します。

フィードバックをお寄せください

NVIDIA Broadcast のバーチャル背景機能と自動フレーム機能は現在ベータ版であり、皆様から寄せられたフィードバックにより今後さらに改善されていきます。

Discord

1. [ユーザー設定 (歯車)] に移動し、[音声・ビデオ] を選択します。

2. NVIDIA Broadcast マイク、スピーカー、カメラを入力デバイス、出力デバイス、カメラとして選択します。

3. 最高の品質を得るために、Discord のノイズ低減/抑制効果を無効にしてください。

OBS Studio

1. [設定] > [音声] の順に進みます。

2. デバイスとして [NVIDIA Broadcast] を選択します。

a. [デバイス] の [マイク音声] で [Microphone (NVIDIA Broadcast)] を選択します。

b. [詳細設定] の [モニタリングデバイス] で [Speakers (NVIDIA Broadcast)] を選択します。

3. NVIDIA Broadcast カメラを選択するには、映像キャプチャデバイスをシーンに追加し、[Camera (NVIDIA Broadcast)] を選択します。すべての設定を既定値のままにします。カメラ解像度の変更は、NVIDIA Broadcast で行う必要があります。

StreamLabs

1. [Settings] に進みます。

2. [Audio] に進み、[マイク/補助デバイス1] で [Microphone (NVIDIA Broadcast)] を選択します。

3. オーディオのモニタリング時に NVIDIA Broadcast を使用する場合、[Advanced] を選択し、[Audio Monitoring Device] で [Speakers (NVIDIA Broadcast)] を選択します。

4. NVIDIA Broadcast カメラを選択するには、Video Capture Device をシーンに追加し、[Camera (NVIDIA Broadcast)] を選択します。すべての設定を既定値のままにします。カメラ解像度の変更は、NVIDIA Broadcast で行う必要があります。

XSplit Broadcaster

1. [Audio Settings] に進みます。

2. デバイスとして [NVIDIA Broadcast] を選択します。

a. [音声プレビュー] で [Speakers (NVIDIA Broadcast)] を選択します。

b. [マイク] で [Microphone (NVIDIA Broadcast)] を選択します。

3. NVIDIA Broadcast カメラを選択するには、デバイス ソースをシーンに追加し、[Camera (NVIDIA Broadcast)] を選択します。

XSplit Gamecaster

1. [セッティング] > [デバイス] の順に進みます。

 

2. 変更するデバイスをそれぞれ選択し、NVIDIA Broadcast デバイスを選択します。

Twitch Studio

1. [設定] に進み、[音声] に移動します。

2. [メインマイク] として [Microphone (NVIDIA Broadcast)] を選択します。設定を閉じます。

3. NVIDIA Broadcast カメラを選択するには:

a. メイン画面で [レイアウトを編集] をクリックします。

b. [ウェブカメラ] に進みます。

c. まず、[自動で最適化] オプションの選択を解除します。

d. それから [Camera (NVIDIA Broadcast)] を選択します。

WebEx

WebEx は 2 つの方法で設定できます。

1. WebEx ミーティングに接続すると、そのミーティングへの接続方法を問われます。[コンピュータ音声を使用] を選択し、使用するデバイスとして [NVIDIA Broadcast] を選択します。

 

2. 既に接続している場合に設定を変更するには、[音声] > [スピーカー、マイク、カメラ] の順に進みます。

a. 次に [設定の変更] を選択します。

b. NVIDIA Broadcast を使用するようにお使いのデバイスを設定します。

[Automatically adjust volume (音量の自動調整)] のチェックを外し、手動で設定することをお勧めします。

Zoom

1. Zoom で設定を行うには、まず [設定] > [オーディオ] の順に進みます。

2. スピーカーとマイクのデバイスとして [NVIDIA Broadcast ] を選択します。

3. [ビデオ] に進み、[Camera (NVIDIA Broadcast)] を選択します。

ミーティング内でデバイスを設定することもできます。

1. 左下のオプションの小さな矢印をクリックします。

2. [NVIDIA Broadcast] のマイクとスピーカーをデバイスとして選択します。

3. [ビデオ] オプション (画面下部、左から 2 つ目) で同じことを繰り返し、[Camera (NVIDIA Broadcast)] を選択します。

Slack

1. 通話を開始するとき、左上にある設定アイコンをクリックします。

2. 次に、デバイスとして [NVIDIA Broadcast] を設定します。

Microsoft Teams

1. 右上にあるアカウントのアイコンをクリックし、[設定] を選択します。

 

2. [デバイス] に移動し、[オーディオ デバイス] で [カスタム セットアップ] を選択します。

3. デバイスとして [NVIDIA Broadcast] を設定します。

4. 最高の品質を得るためには、ノイズ キャンセル効果を無効にしてください。

Skype

1. [設定] をクリックし、[音声 / ビデオ] に移動します。

2. 下にスクロールし、デバイスを NVIDIA Broadcast デバイスに変更します。

Google Chrome

  1.  [設定] に進みます (右上にある 3 つのドットを選択し、[設定] を選択します)。
  2. [サイトの設定] > [マイク] の順にクリックします。
  3. [Microphone (NVIDIA Broadcast)] を選択します。
  4. [サイトの設定] に戻り、[サイトの設定] > [サイトの設定] > [カメラ] の順に移動します。
  5. [Camera (NVIDIA Broadcast)] を選択します。