NVIDIA が Computex 2019 に出展: 『Quake II RTX』、『Wolfenstein: Youngblood』、『Sword & Fairy 7』がレイ トレーシングに対応

Computex は世界最大級のコンピューターとテクノロジの見本市です。レイ トレーシングを導入した『Quake II RTX』の発売日、『Wolfenstein: Youngblood』へのレイ トレーシング追加、『Wolfenstein: Youngblood』バンドル、ノート PC、G-SYNC など、今年も例年と同じく、NVIDIA は多くの発表を行いました。詳しくは、以下をお読みください。

レイ トレーシングでリマスターされた『Quake II RTX』が 6 月 6 日に発売

GDC で NVIDIA は『Quake II RTX』を発表しました。id Software が 1997 年に発表した FPS の名作を Vulkan を使用したレイトレーシングでリマスターしました。本日、『Quake II RTX』の発売が 2019 年 6 月 6 日に決まったことをお知らせいたします。

GeForce RTX グラフィックス カードかその他の高性能ハードウェアをお持ちであれば、完全にリマスターされた『Quake II』を最初の 3 つのシングルプレイヤー レベルまで無料でお試しいただけます。グラフィックスがパス トレーシングされているほか、さまざまな点が強化されています。オリジナル版の『Quake II』をお持ちであれば、すべてのキャンペーンをプレイできます。また、オンライン マルチプレイヤーで他のプレイヤーを相手にプレイできます。

今回の発売と NVIDIA の最新レイ トレーシング技術については、NVIDIA の『Quake II RTX』特集記事をご覧ください。

『Wolfenstein: Youngblood』にレイ トレーシングと NVIDIA Adaptive Shading が追加され、GeForce RTX GPU とのバンドルで発売中

Bethesda 社の『Wolfenstein』シリーズの新章が 7 月 26 日に始まります。『Wolfenstein: Youngblood』は、1980 年代、敵に占領されたパリを舞台にするシングルプレイ/マルチプレイ FPS であり、広大なマップで BJ ブラスコヴィッチの双子の娘を操作します。

Computex で NVIDIA は、近日発売のこのゲームが最新のレイ トレーシング効果で強化されること、 NVIDIA Adaptive Shading に対応し、パフォーマンスが高速化することを発表しました。

この『Wolfenstein: Youngblood』とのパートナーシップを祝い、NVIDIA は一部の GeForce RTX 製品の購入者に同ゲームをプレゼントします。

ゲーム、NVIDIA テクノロジ、バンドルの詳細については、NVIDIA の『Wolfenstein: Youngblood』特集記事をお読みください。

Mini LED ディスプレイで G-SYNC がさらに改良

ディスプレイ技術が急速に進化していますが、その最前線にいるのが NVIDIA です。新しいハードウェアの向上を絶え間なく開発し、世界中のパートナー企業と協力して、あらゆる形状とサイズの最大 240Hz の可変リフレッシュ レートを備えたモニターを発売しています。

昨年、NVIDIA は世界初の 4K HDR 1000 可変リフレッシュ レート モニターである G-SYNC ULTIMATE 4K 144Hz ASUS ROG Swift PG27UQ ゲーミング モニターを発売しました。今年の Computex では、NVIDIA は Acer 4K-144Hz Mini-LED と ASUS ROG Swift PG27UQX を展示しました。この 2 つは最新式の Mini LED パネルを備えた新しい G-SYNC ULTIMATE ディスプレイであり、カラー、コントラスト、画質に優れ、今までなかった映像体験を届けます。

G-SYNC 関連のその他のニュースとしては、NVIDIA の最新 Game Ready ドライバー3 種類の G-SYNC Compatible ディスプレイが追加され、ほぼすべての主要な OEM から G-SYNC Compatible ディスプレイが入手できるようになったことが発表されました。また、発売予定の 35 インチ曲面 G-SYNC ULTIMATE モニターに関する最新情報も発表されました。

詳細については、Computex 2019 G-SYNCG-SYNC Compatible ディスプレイに関する NVIDIA の特集記事をお読みください。

GeForce 搭載の魅力的な最新ノート PC が近日発売

世界中のメーカーが最新製品を Computex に持ち込みます。今年、NVIDIA のパートナー企業は新しいゲーミング モニターとグラフィックス カード、電力効率性に優れた NVIDIA Turing アーキテクチャで設計された 25 種類の新しいノート PC を発表しました。1 月に 40 モデル以上のノート PC が発売され、それ以降も増えたことを併せると、GeForce RTX または GeForce GTX Turing を搭載したノート PC は現在、100 モデルを超えています。モバイル ユーザーやモバイル ゲーマーは、革新的なレイ トレーシング性能を外出先でも利用できます。

また、一部のモデルでは、新たな局面が開かれました。たとえば、ASUS、HP、MSI は、4K 120Hz DCI-P3 カラー ディスプレイを搭載した世界初の G-SYNC ゲーミング ノート PC を紹介しました。外出先での高解像度のゲームプレイが実現します。

eSports 体験を持ち運びするために超高速のフレームレートを求めるゲーマーは、ASUS、Clevo、Dell、Razer の最新ノート PC で外出先でも 240Hz でプレイできます。

ACER、ASUS、Dell、Gigabyte、HP、MSI、Razer は最初の RTX Studio ノート PC を発表しました。高速な NVIDIA RTX GPU とハイスペックなハードウェアを備え、生産性とパフォーマンスを劇的に改善し、クリエイターに外出先でも極めて優れた操作性を与えます。

また、ASUS、Clevo、Dell、MSI、Razer は、世界初の GeForce 搭載 4K OLED ゲーミング ノート PC で新たな局面を開きました。色の忠実度を高め、ポータブルな機器でも正確な黒レベルを表現できます。以上のような特性は、外出先でも色の正確な表現を必要とするクリエイターに最適です。仕事の後は、リラックスしながら高画質でゲームを楽しむこともできます。

『Sword and Fairy 7』がレイ トレーシングに対応

『Sword and Fairy』は長く愛されている中国の RPG シリーズであり、テレビ シリーズ、舞台、さまざまなスピンオフ ゲーム、 9 つの本編ゲームを生み出しています。

同シリーズ本編の最新作、『Sword and Fairy 7』が現在開発中です。開発元の Softstar Entertainment Inc. は、Computex で臨場感の高いレイ トレーシング効果をゲームに追加する予定であると発表しました。

レイ トレーシングの勢いは今後も止まらずに続きます

Computex は PC ゲーマーの期待に応えるものでした。新しいレイ トレーシング ゲーミングに関する発表があり、大手 PC メーカーから次世代の GeForce RTX ハードウェアと、新しい GeForce RTX バンドルが紹介されました。レイ トレーシングは、次世代のゲーミングを支えます。

GeForce.com をお気に入りに追加して、今後も定期的にアクセスしてください。エキサイティングな E3 のゲーム情報など、さまざまな詳細をお伝えします。

© 1997 id Software LLC, a ZeniMax Media company.QUAKE、id、id Software、id Tech および関連するロゴは、米国およびその他の国における id Software LLC の登録商標または商標です。Bethesda、Bethesda Softworks、ZeniMax および関連するロゴは、米国およびその他の国における ZeniMax Media Inc. の登録商標または商標です。All Rights Reserved.

この製品は以下に記すソースからの企業マテリアルを基にしています (サードパーティ IP)。かかるライセンスと告知は、情報目的のみで提供されます。

Quake II』: Copyright (C) 1997-2001 Id Software, Inc.ライセンスは GPLv2 の規約に基づいて提供されます。
Q2VKPT』: Copyright © 2018 Christoph Schied.ライセンスは GPLv2 の規約に基づいて提供されます。
Quake2MaX "A Modscape Production": テクスチャは Quake2XP で使用されている Quake2Max から。Copyright © 2019 D Scott Boyce @scobotech.All Rights Reserved.クリエイティブ コモンズ ライセンス バージョン 1.0 の制約を受けます。ラフネスとスペキュラ チャネルは Quake II RTX エンジンで動作するように調整されました。
Q2XP Mod Pack: Arthur Galaktionov から許可を得て使用。
Q2Pro: Copyright © 2003-2011 Andrey Nazarov.ライセンスは GPLv2 の規約に基づいて提供されます。