DirectX 12 Ultimate

DirectX 12 Ultimate は同 API の最新版であり、次世代ゲームの新しいスタンダードです。DirectX 12 Ultimate は、レイ トレーシング、メッシュ シェーダー、可変レート シェーディング、サンプラー フィードバックに対応し、ゲームにまったく新しいレベルのリアリズムをもたらします。GeForce RTX は、このような革新的な機能をサポートしている最初で唯一の PC プラットフォームです。

ビデオを見る

DirectX 12 Ultimate

DirectX 12 Ultimate は同 API の最新版であり、次世代ゲームの新しいスタンダードです。DirectX 12 Ultimate は、レイ トレーシング、メッシュ シェーダー、可変レート シェーディング、サンプラー フィードバックに対応し、ゲームにまったく新しいレベルのリアリズムをもたらします。GeForce RTX は、このような革新的な機能をサポートしている最初で唯一の PC プラットフォームです。

ビデオを見る

DXR (DirectX レイ トレーシング)

DirectX レイ トレーシング 現実世界における光の振る舞いをゲームでシミュレーションすることで、グローバル イルミネーション、リフレクション、シャドウなど、非常にリアルで美しいグラフィックス効果を実現します。GeForce RTX GPU は、レイトレーシングの高い負荷に対応できるように始めから設計されています。 GeForce RTX グラフィックス カードにしかない特別な RT コアは、毎秒数十億レイのパフォーマンスを発揮し、DXR ゲームやアプリケーションで最大 3 倍のフレーム レートを可能にします。これにより、リアルタイム フレーム レートのレイ トレーシングが初めて可能になりました。

VRS (可変レート シェーディング)

VRS は GeForce RTX GPU でサポートされているレンダリング手法であり、シーンのさまざまな部分でシェーディング レートを調整することでパフォーマンスが向上します。VRS によって NVIDIA Adaptive Shading が可能になり、フレーム単位で色の動きと変化を計測し、フレームの中で、スカイ ボックスや壁など、シェーディングを必要としない領域のシェーディング レートを合理的に下げます。VRS は、 VR ゲーム のフォービエイテッド レンダリングで使用することもできます。目に見える部分をより繊細に描き、注視することがない周辺部分は繊細さを落として描きます。

VRS (可変レート シェーディング)

VRS でサポートされているシェーディング レートとゲーム フレームに適用したサンプル

メッシュ シェーディング

オープンワールド ゲームをプレイしたことがあれば、細部の画質を上げるとパフォーマンスに影響が出ることがおわかりでしょう。シーンに含まれるオブジェクトごとに描画が呼び出されるため、CPU が圧倒されるためです。 メッシュ シェーディング では、GPU によって、詳細さのレベル選択とオブジェクトのテセレーションがインテリジェントに制御されます。無数のオブジェクトが描かれた表現豊かなオープンワールドを構築できます。

サンプラー フィードバック

サンプラー フィードバックには、可変レート シェーディングと同じ考え方が取り入れられています。スマートに動作して GPU 負荷が減ることで、パフォーマンスが改善されます。サンプラー フィードバックにより、テクスチャ ハードウェアとシェーダー ハードウェアの間のコンピューティングが改善されます。開発者とエンジニアはサンプラー フィードバックを利用し、高度なテクスチャ ストリーミング アルゴリズムを実装できます。没入感を阻害するカクつきやテクスチャのポップインのない、美しい高解像度のテクスチャを持つ広大なオープンワールドが実現します。サンプラー フィードバックはまた、テクスチャ スペース シェーディングの実装にも利用でき、レンダリングの効率が向上します。

DirectX 12 Ultimate のゲーミングを可能にする RTX

blank-300-p
blank-300-p
blank-300-p
blank-300-p
blank-300-p
geforce-technology-dx12-ultimate-web-esrb

サポート対象グラフィックス カード:

Supported GPUs