『コール オブ デューティ ウォーゾーン』がリリース - システム要件を確認し、Game Ready ドライバーを入手しよう。無料でダウンロードできます。

執筆者: Andrew Burnes 投稿日: 2020年3月10日 | Featured Stories GeForce RTX GPUs NVIDIA Highlights

『ウォーゾーン』は、『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』に新たに追加された巨大な戦場です。あらゆるプラットフォームで無料でプレイできます。Battle.net から今すぐダウンロードできます。NVIDIA はこれに合わせてコール オブ デューティ ウォーゾーン Game Ready ドライバーを公開しました。このドライバーはパフォーマンスを最適化し、対戦に最適な 144 FPS 以上のフレームレートでプレイできます。ゲームでは、『コール オブ デューティ』史上、最大規模の戦場を体験することになります。『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』の特徴的なゲームプレイを取り入れた 2 つのモードで、最大 150 人のプレイヤーが激突します。

 

「バトル ロワイヤル」モードでは、仲間とともに激しい銃撃戦の中に飛び込み、最後の 1 チームになることを目指します。戦闘が開始されたら、装備を整え、戦利品を略奪し、トップを目指して戦おう。また『ウォーゾーン』には「プランダー」モードが採用されています。最も多くキャッシュを稼いだチームが勝利します。プレイヤーは敵を倒し、契約を遂行し、現金を預ける場所を管理することでゲーム内キャッシュを稼ぎます。

さまざまな新機能と仕組みを取り入れた『コール オブ デューティ ウォーゾーン』は、大人気のバトルロワイヤル ゲームに独特の新しいゲームプレイを持ち込みます。これを最高の環境で体験するために、GeForce RTX グラフィックス カードで 144 以上の FPS が得られる PC でプレイしましょう。ターゲットのヒット率が高くなります。リフレックス レートの高い G-SYNC モニターと組み合わせると、さらに高速で鮮明な映像で体験できます。NVIDIA の最近のデモで示したように、高いフレーム レートで動作すると、マルチプレイヤーのシューティング ゲームで優位に立てます。勝利の可能性が大きく高まります。

Activision 社による『コール オブ デューティ ウォーゾーン』のシステム要件は次の通りです。

『コール オブ デューティ ウォーゾーン』のシステム要件

  最低 推奨 競技 ウルトラ
体験 『ウォーゾーン』をプレイするために必要な最低スペック 推奨スペックでは、すべてのオプションを「中」に設定したときに、多くの場合に 60 FPS で動作 競技スペックでは、リフレッシュ レートの高いモニターの使用時に高い FPS で動作 ウルトラ スペックでは、4K 解像度で高い FPS で動作
GPU GeForce GTX 670 または 1650 GeForce GTX 970 または 1660 GeForce RTX 2070 SUPER GeForce RTX 2080 SUPER
CPU Intel Core i3-4340 または AMD FX-6300 Intel Core i5-2500K または AMD Ryzen R5 1600X Intel i7-8700K または AMD Ryzen 1800X Intel i7-9700K または AMD Ryzen 2700X
RAM 8GB 12GB 16GB 16GB
HDD 175GB HD の空き容量 175GB HD の空き容量 175GB HD の空き容量 175GB HD の空き容量
ネットワーク ブロードバンド ブロードバンド ブロードバンド ブロードバンド
サウンド DirectX 対応 DirectX 対応 DirectX 対応 DirectX 対応
OS Windows 10 64 ビット Windows 10 64 ビット Windows 10 64 ビット Windows 10 64 ビット

GeForce RTX または GeForce GTX グラフィックス カードを搭載した PC で『ウォーゾーン』をプレイすると、NVIDIA Highlights で最高のキルや最高の瞬間を自動的に記録できます。Highlights を有効にするには、『ウォーゾーン』を起動する前に GeForce Experience をインストールしてください。設定で、「ゲーム内のオーバーレイ」がオンになっていることを確認してください。その後、『ウォーゾーン』をインストールすると、Highlights を有効にするか尋ねられます。

対戦やセッションの終わりに、Highlights を確認し、編集し、YouTube やソーシャル メディアにアップロードできます。また Alt+Z を押せば、いつでも GeForce Experience ギャラリーにアクセスできます。

高いフレームレートで対戦が有利になる理由については、「フレームがゲームを制する」をご覧ください。

Comments