『Anthem』と『Battlefield V』に DLSS を導入、新しい RTX のベンチマークとデモを公開

執筆者: Andrew Burnes 投稿日: 2019年1月6日 | GeForce RTX GPUs Featured Stories CES 2019 Ray Tracing NVIDIA RTX Turing DLSS

CES 2019 において、NVIDIA は GeForce RTX 2060 の発表、パワフルな GeForce RTX ノート PC の公開、ゲーミング モニターの G-SYNC 製品の強化、PC 1 台による高品質ストリーミングを可能にする新しい配信技術の発表を行いました。

また新作ゲーム、技術デモ、RTX レイ トレーシングと DLSS テクノロジのベンチマークもご紹介しました。人気作の『Battlefield™ V』および『 Anthem™』に RTX DLSS が導入されます。また新しい『Justice』、『3DMark』、『Atomic Heart』のレイ トレーシング技術デモとベンチマークを発表しました。すべての詳細については、続きをお読みください。

『Battlefield V』が DLSS でパフォーマンスを高速化

EA、DICE と NVIDIA は、リアルタイム レイ トレーシングを導入した世界初のゲームを実現するために提携し、この人気ゲーム全体に本物のダイナミックなリアルタイム リフレクションを導入することで、DICE の第二次世界大戦の精密な描画に最高レベルのリアリティ、没入感、詳細レベルが加わります。そして、『Battlefield V』に DLSS が導入されることを発表しました。

『Battlefield V』で RTX を ON にすると、ゲーマーは 美しいリアルタイム レイ トレーシングと DLSS による滑らかなフレーム レートの両方を手に入れることができます。RTX が OFF の状態と同じようなパフォーマンスを RTX を ON にしても実現できます。

「レイ トレース リフレクションによるリアルな映像と DLSS の高解像度を楽しむなら、『Battlefield V』のプレイで RTX を ON にすべきでしょう」 - Eneko Bilbao、EA スタジオ ヨーロッパ、テクノロジ主任

GeForce RTX ゲーム オン バンドルも発表しました。対象の GeForce RTX 2080 Ti、2080、2070、2060 搭載のグラフィックス カード、デスクトップ、ノート PC を購入すると、『Battlefield V』と『Anthem』の両方またはいずれかのゲームが入手できます。詳しくはこちらをご覧ください。

『Anthem』に DLSS を導入

EA と BioWare の新しい大作ゲーム『Anthem』は、2 月 22 日に発売します。高速で展開する、進化したグラフィックスのオンライン アクション RPG です。この高負荷のサードパーソン シューティングを楽しむには、高速で流れるようなフレームレートがおすすめです。

パフォーマンスの最大化を実現するため、『Anthem』にも DLSS が導入される予定です。

「従来のコンピューター グラフィックスとディープラーニングを統合することで、DLSS は飛躍的なパフォーマンスを提供します。NVIDIA とのパートナー提携により、『Anthem』に GeForce RTX テクノロジを導入できることを嬉しく思っています」 - Jon Warner、BioWare ゲーム ディレクター

CES 2019 で『Justice』の技術デモが登場、間もなくオンラインで発売予定

11 月に『Justice』の早期バージョンのデモを紹介しました。これはレイ トレーシングと DLSS を導入した、中国で人気の MMO の 1 つです。今回 CES では、スタンドアローン版『Justice』の技術デモを紹介しました。これは近日全世界でダウンロード可能になる予定です。

RTX を ON にすると、リアルタイム レイ トレーシングによる陰影、反射、焦線効果を RTX が OFF の状態と同じようなパフォーマンスで利用できます。さらに GeForce RTX 2080 Ti では、画質を大幅に向上させる 4K で 60 FPS 以上で動作することができます。

「NVIDIA RTX のリアルタイム レイ トレーシングと DLSS は完璧な組み合わせです。『Justice』ではパフォーマンスを犠牲にすることなく、リアルタイム レイ トレーシングによる色彩豊かな環境をスムーズに表示できるようになりました。『Justice』の世界が一層鮮やかになりました。」 - Zhipeng Hu、NetEase、スタジオ代表兼副社長

3DMark のレイ トレーシング ベンチマークを 1 月 8 日にリリース

1 月 8 日、United Laboratories では 3DMark Port Royal をリリースします。これは GPU のレイ トレーシング パフォーマンスを計測するベンチマークです。

Port Royal ベンチマークはレイ トレーシングを採用し、リアルな鏡面反射効果とピクセルに合致した鮮明な陰影が表現できます。また今後のアップデートで DLSS にも対応予定です。

『Atomic Heart』がレイ トレーシングと DLSS を披露

Mundfish の『Atomic Heart』は、ユニークな設定と驚きのビジュアルでゲーマーの注目を集めています。Mundfish は、このゲームをレイ トレーシングでさらに改善しようとしています。

CES では『Atomic Heart』の最新プレビューで、DLSS の導入により高速化し、改善されたレイ トレーシングのグラフィックスを紹介しています。

「RTX は PC ゲーミングを完全に変えてしまうでしょう。レイ トレーシングと DLSS は不可能を可能にするのです」 - Robert Bagratuni、Mundfish CEO

RTX ON

開発者たちは、パフォーマンスの高速化と本物のような視覚効果をゲームに提供し、NVIDIA RTX プラットフォームがもたらす高度なテクノロジを活用する RTX に取り組んでいます。

 

2019 年には、RTX テクノロジを直接統合した人気ゲームの新作やインディーズ作品を体験できるようになるでしょう。詳細情報や独占記事を見逃さないよう、GeForce.com にご注目ください。

最後に、最新のレイ トレーシング のデモ動画、『Project Sol Part 2』をご覧ください。