先進運転支援システム (ADAS)

NVIDIA DRIVE プラットフォームは高度な運転自動化や運転支援のためのフルスタック ソリューションです。アクティブ セーフティ、自動運転、自動駐車、更に AI コックピット機能を備え、レベル 2+ から最高レベルの運転自動化まで拡張することができます。

NVIDIA DRIVE 先進運転支援プラットフォーム

AI アシスタント向け検証済みハードウェア

NVIDIA DRIVE の先進運転支援プラットフォームには、2 つの NVIDIA Orin システムオンチップ (SoC) が搭載されています。1 つはアクティブ セーフティ、自動運転、自動駐車用、もう 1 つは AI コックピット機能用です。また、NVIDIA DRIVE Hyperion センサー スイートを用いて自動運転プラットフォームを評価することもできます。

包括的な ADAS 機能

NVIDIA DRIVE ソフトウェア スタックは、最先端の ADAS アプリケーションを構築し運用するための完全なソリューションです。これには、認識、自己位置推定、マッピングから、計画と制御、ドライバー モニター、自然言語処理まで、すべてが含まれます。このシステムには、NVIDIA DRIVE OS の安全なオペレーティング システムと、包括的なミドルウェア機能の NVIDIA DriveWorks SDK が含まれています。NVIDIA DRIVE AV スタックと DRIVE IX スタックは、認識、マッピング、計画、およびインテリジェントなコックピット機能のための DNN も提供します。

NVIDIA DRIVE ソフトウェア スタック
NVIDIA DRIVE インフラストラクチャ

エンドツーエンドの開発

GPU と AI のパワーを利用することで、ADAS の認識、計画、制御などに利用可能な DNN を徹底的にトレーニングできます。DRIVE Constellation および DRIVE Sim シミュレーション プラットフォームは、ほぼ無限の運転条件を持つ仮想性能試験場を提供し、車両と同じハードウェアで DNN をテストし、検証します。DRIVE インフラストラクチャは、NVIDIA DRIVE プラットフォームと組み合わせて継続的な開発サイクルを作り出し、継続的な改善を行います。

AI 搭載の車両の開発を始める方法を見つける