NVIDIA DRIVE Constellation

仮想現実自動運転車両シミュレーター

データセンター内で何十億キロの試験と検証

実際に路上を走らせる前に、ほぼ無限の条件とシナリオで自動運転車をテストできるとしたらどうでしょうか。NVIDIA はそれを可能にします。パワフルな新システム、NVIDIA DRIVE Constellation AV シミュレーターを利用し、仮想現実で何十億マイルも安全にドライブできます。

仮想車両。実世界と変わらない結果。

仮想車両。
実世界と変わらない結果。

DRIVE Constellation では写真のようにリアルなシミュレーションを利用することで、より安全かつスケーラブルで、費用対効果も向上した方法で自動運転車を実用可能にします。2 台の異なるサーバーの計算処理能力を利用し、クラウドベースの革新的なコンピューティング プラットフォームを提供します。何十億キロという自動運転車テストにも対応可能です。

Drive SIM

Drive SIM

1 台目のサーバーは DRIVE Sim ソフトウェアで自動運転車に必要なカメラ、ライダーやレーダーなどのセンサーをシミュレートします。強力な GPU が写真のようにリアルなデータ ストリームを生成することで、さまざまなテスト環境とテスト シナリオを作成できます。これにより、暴風雨や吹雪、強烈にまぶしい日差しなど、まれにしか発生しない悪条件も簡単にテストできます。時間帯、路面、周囲の条件も変更が可能です。 

Drive Pegasus

DRIVE AGX Pegasus

2 台目のサーバーには、パワフルな AI 車載コンピューター DRIVE AGX Pegasus を搭載し、自動運転車両の内部で動作する自動運転ソフトウェア スタック全てをバイナリ互換で実行します。まるで実際の道路を走っている車のセンサーから送られてきたようなシミュレーション データを処理します。

完成されたフィードバック ループ

完成されたフィードバック ループ

DRIVE Constellation と DRIVE Sim の連動により、「Hardware-in-the-Loop」システムが作られます。このデジタル フィードバック ループでは、シミュレートされたセンサー データが Pegasus AV コンピューター システムに毎秒 30 回送られ、処理されます。Pegasus が生成した運転コマンドはリアルタイムで 送り返され、シミュレーション環境を走行している仮想車両を制御します。こうして、アルゴリズムとソフトウェアが正常に動作しているかを検証します。リスクを解消しつつ、最大限の柔軟性とスループットが得られるように設計されています。

NVIDIA の車載ソリューションは、自動車の革新を形作る自動車メーカー、ティア 1 サプライヤー、スタートアップ企業、研究機関に提供されます。