NVIDIA DRIVE Sim と DRIVE Constellation

自動運転車両のシミュレーション プラットフォーム

データセンターでの数十億キロにおよぶ試験と検証

ほぼ無限の条件で自動運転車をテストできるとしたらどうでしょうか。それも、実際に路上を走らせる前にです。NVIDIA DRIVE Sim™ と NVIDIA DRIVE Constellation™ AV シミュレーターは、拡張性、包括性、多様性に優れたテスト環境が提供します。モジューラー方式のオープン アーキテクチャを採用した DRIVE Sim を利用すれば、自社開発のモデルや NVIDIA エコシステムに参加する多数のパートナー企業から提供されるモデルを使用して、車両、周囲環境、センサー、交通シナリオをカスタマイズすることができます。

 

NVIDIA DRIVE Sim: バーチャル空間で自動運転車を数十億マイル以上安全にテスト運転

仮想車両。実世界と変わらない結果。

DRIVE Sim は、忠実度の高いシミュレーションを使用して、より安全で、よりスケーラブルで、より費用効果の高い方法で、自動運転車両を実現します。NVIDIA RTX™ GPU の計算処理能力を利用し、クラウドベースの革新的でスケーラブルなコンピューティング プラットフォームを提供します。検証に必要な要件を満たした道路を何十億マイルも自動運転車のテスト向けに生成できます。

Omniverse で 機能を拡張する

DRIVE Sim アプリケーションは、シミュレーションとレンダリングのための中心的エンジンを提供する NVIDIA Omniverseを基盤に開発されています。自動運転車両の開発と検証には、厳密なタイミング、繰り返し再現性、実時間実行が可能な性能などの要件を満たすことが必要で、複雑な 3D の世界で車載センサーすべてシミュレーションするためには複数の GPU が必要となります。NVIDIA Omniverse のクラウドベース プラットフォームは、自律動作マシン向けの大規模なマルチセンサー シミュレーションをサポートするように設計されています。DRIVE Sim では、NVIDIA RTX による物理的に正確なリアルタイム センサー シミュレーションが可能になります。また、異なるソフトウェア アプリケーション間で相互運用できます。

DRIVE Constellation

DRIVE Constellation は、 DRIVE Sim を実行するためのハードウェア プラットフォームとして 2 台のサーバーで構成されます。1 台目のサーバーは、8 個の NVIDIA RTX Turing GPU を含むパワフルな GPU サーバーです。このサーバーで DRIVE Sim を実行し、カメラ、レーダー、ライダー、IMU、GNSS など、自動運転ソフトウェア用のセンサー データおよび環境データをセンサーのネイティブ形式で生成します。RTX レイトレーシング コアは、そのリアルタイム レイトレーシング機能を用いて、環境をレンダリングし、センサーをシミュレーションします。DRIVE Constellation は、ターゲットとなる AI ハードウェア上で動作する AV スタックが同期するセンサー データを、実時間で供給する計算処理能力を提供します。

2 台目のサーバーには、ターゲットとなる自動運転用車載 AI ハードウェアが搭載され、バイナリ互換の自動運転車両ソフトウェア スタックが実行されます。 まるで実際の道路を走行する車のセンサーから送られてきたようなシミュレーション データを処理します。DRIVE Constellation Computer は NVIDIA DRIVE AGX Pegasus との間に完全な互換性があります。サードパーティ製のハードウェアでカスタマイズすることもできます。

完成されたフィードバック ループ

DRIVE Constellation Simulator と DRIVE Constellation Computer の連動により、「Hardware-In-the-Loop」システムが作られます。ビット単位で正確で、タイミングも正確なデジタル フィードバック ループでは、シミュレーションされたセンサー データがターゲット AI ハードウェアに送られ、実時間で処理されます。次に、ターゲット AI ハードウェアが生成する運転命令が実時間でで戻され、シミュレーション環境内で仮想車両が制御され、AV ソフトウェアの有効性を検証します。

NVIDIA の車載ソリューションは、未来の輸送に取り組んでいる自動車メーカー、ティア 1 サプライヤー、スタートアップ企業、研究機関に利用されています。