Omniverse で制作するクリエイター

  • 視覚効果
    デザイナー
  • 3D コンセプト
    アーティスト
  • メタヒューマン
    アニメーター
  • デジタル AI
    アーティスト
  • 環境
    アーティスト

ブラス製のマルチアプリ都市を作る

さまざまなアプリを使用している Sir Wade Neistadt 氏は、NVIDIA Omniverse を導入してからボトルネックなく制作活動を行っています。Omniverse PlatformNVIDIA RTX A6000 を組み合わせて NVIDIA Studio ドライバーで実行することで、Sir Wade 氏は RTX レンダリングを利用し、「すべてをまとめて、照明を付け、レンダリングし、コンテキストに合わせる」ことができるようになりました。また、「そのすべてにおいて、アプリケーション間でデータをエクスポートする必要が 1 回もありません」とのことです。

アプリ:

ビー玉をブレンドして傑作を作る

素早いアイデア出しと繰り返し作業が必要なコンセプチュアル アーティストにとって、光のごとく速く正確で高品質のレンダリングを生成する必要があります。#CreateWithMarbles の受賞者の 1 人である Jeremy Lightcap 氏は、Omniverse CreateBlenderGeForce RTX 3080 を使用して作業を行い、驚きを示しました。「私は 4 秒で船に乗るシーンをレンダリングできたできました。品質は非常に鮮明でした。」

アプリ:

歌うデジタル ヒューマンを作成する

リアルなデジタル ヒューマンを作成する場合、Anderson Rohr 氏のようなアーティストは、NVIDIA Studio ドライバー で実行される GeForce RTX 3090 と組み合わせた NVIDIA Omniverse を使用することにより、生の音声データを録音して、AI で生成されたリップ シンク アニメーションに変換できます。Anderson 氏は「Audio2Face は私の期待を超え、AI と結果は傑出しています」と述べました。

アーティストは、これをさらに一歩進めて、Unreal Engine Omniverse Connector 内でメタヒューマンが使用できるようにリップ シンク アニメーションをリターゲティングすることで、自分の作品に命を吹き込むことができます。

アプリ:

“Art”-ificial Intelligence を加速する

Song Ting 氏は、NVIDIA Omniverse を使用して、実世界から取得したアセットをトレーニング資料としてデータセットに変換しました。この特別な作品では、3D のバラのモデルを生成し、NVIDIA Omniverse KaolinNVIDIA DIB-R モデルでサイバーワールドの成長を表現しました。NVIDIA RTX A6000 を利用したモデル トレーニングはわずか 2 週間で劇的に加速され、完了しました。これにより、時間を大幅に節約し、「現実」と「非現実」の主題を探索して表現できるようになりました。

アプリ:

RTX Marbles Castle の絵を描く

最初の 「Create with Marbles Contest」 の受賞者である Mateusz Sum 氏が自身の RTX 2080Ti と Omniverse Create を組み合わせ、同氏の Marbles Castle で無数のイテレーションを行いました。彼は「レイトレーシング機能とリアルタイム フィードバックは一瞬でした」と述べました。世界中のクリエイターにとって、このシステムだけでプロジェクトに取り組み、厳しい納期に対処できます。

アプリ: