Omniverse での科学的ビジュアライゼーション

NVIDIA Omniverse では、共有の仮想空間でつながった研究者が、リアルタイムのコラボレーションとシンプルなワークフローを通して、科学におけるブレイクスルーをよりすばやく確認、分析、発見、公開できます。

科学的ビジュアライゼーションに変革を起こす

ビジュアライゼーションは、大規模な科学シミュレーションのデータを分析する最良の方法です。しかしながら、シミュレーション結果の規模が爆発的に増大したことで、高いインタラクティブ性、写真のようにリアルなビジュアル、チーム メンバーとのリアルタイム コラボレーションを提供する最新のビジュアライゼーション ツールが必要となっています。

NVIDIA Omniverse により、チーム メンバーは同じ仮想プラットフォームでコラボレーションをリアルタイムで行い、インサイトをよりすばやく収集できるようになります。

 

OMNIVERSE が科学的発見を加速する

リアルタイムのコラボレーション

リアルタイムのコラボレーション

Omniverse では、地理的に分散している研究者が同じデータを可視化、分析、変更し、リアルタイムでコラボレーションできるため、生産性が向上します。

大規模な対話型ビジュアライゼーション

大規模な対話型ビジュアライゼーション

Omniverse はデータと共にスケーリングし、大容量の 2D データをリアルタイムかつ対話方式で視覚化できます。研究者はデータ セット全体を直観的かつ簡単に閲覧できるため、発見までの時間が短縮されます。

写真のようにリアルなビジュアル

写真のようにリアルなビジュアル

Omniverse は 3D ジオメトリと高度なレイ トレーシングをサポートし、写真のようにリアルなビジュアルを構築するだけでなく、2D データで失われる可能性のあるインサイトをハイライトすることもできます。

NVIDIA とは長きにわたり業務提携してきました。ParaView の利用者が科学データから分析情報をなるべくたくさん得られるよう、同時にワークフローをシンプルにできるよう、NVIDIA は支援してくれています。

Omniverse-ParaView コネクタの開発は、ユーザーが USD 形式でファイルを簡単に作成できるようにするための一歩です。この形式はオープン ソースであり、幅広くサポートされています。このコネクタによって、チーム メンバーは普段使っているアプリケーションでデータを自由自在に視覚化できます

— Kitware、Utkarsh Ayachit 氏

従来、科学者はデータ アナリストにとって便利なビジュアライゼーションを行ってきましたが、それは科学者以外の人にとっては見てすぐに理解できるものとは限りませんでした。

ある範囲のビジュアライゼーションを行うため、私は ParaView、Houdini FX、Substance Painter、Photoshop、その他のアプリケーションを使用します。Omniverse があればそれらのツールを全部対話式で利用し、『強烈なインパクトがあるビジュアライゼーション』を行うことができます

— Sandia National Lab、Brad Carvey 氏

ワークフロー

科学的ビジュアライゼーションのあらゆる段階を変革する

さまざまなソースからアセットをインポートする

Omniverse は科学シミュレーションのデータを、GIS および USD 形式で処理するため、ユーザーはデータを共有ワークスペースに持ち込み、リアルタイムでコラボレーションできます。ParaView ユーザーはデータを変換して Omniverse にアップロードし、豊富なビジュアライゼーション アプリからなるエコシステムを活用できます。

リアルタイム シミュレーション プラットフォーム

Omniverse は、シミュレーション データとライブ データに基づくリアルタイムの物理演算と AI ベースの分析をサポートしています。これにより、ユーザーはさまざまなフィルターや AI を適用してホット スポットを特定し、分析や発見を高速化できます。

2D ジオメトリと 3D ジオメトリを同時にレンダリング

科学データは、流線などの 2D 属性と、3D 体積構造の組み合わせになっています。Omniverse では、同じシーンで複数のジオメトリを対話式で可視化できるため、ユーザーは全体像を見てデータを直観的に操作し、重要なインサイトを得ることができます。

映画のようなビジュアルを公開する

外部への公開は科学の発表に不可欠です。Omniverse プラットフォーム で「pro-viz type applications」を使用することで、研究者はアーティストとリアルタイムで共同作業し、研究を幅広いオーディエンスが簡単に理解できる映画のような映像に変えることができるようになりました。

OMNIVERSE の実際の動作を見る

Omniverse を利用した COVID-19 シミュレーションの可視化

このシミュレーションは、COVID のスパイク (人間の細胞に取り付くための結合部位) の動的挙動を表しています。NVIDIA Omniverse を使用してこのシミュレーションの結果を可視化すれば、研究中の治療法で攻撃可能と考えられる部位を示せます。

Omniverse による映画のような気候の可視化

気候シミュレーションは必然的に大量の 3D データを生成しますが、解析はしばしば 2D のプロジェクションに限定されます。NVIDIA Omniverse プラットフォームを利用すれば、大量の科学的データを映画的レンダリング機能と融合できます。複雑な気候現象を対話式で調査できます。

ソリューション

アプリケーションとコネクタ

Omniverse は、 Omniverse CreateOmniverse View などの特定の業界ワークフローに対応した目的別のアプリケーションを提供します。研究者は、Omniverse Create を、Omniverse Connectors を介してプラットフォームに接続されたサードパーティのアプリケーションと使用することができます。

NVIDIA Omniverse Create

NVIDIA Omniverse Create

NVIDIA OMNIVERSE VIEW

NVIDIA OMNIVERSE VIEW

Join the Omniverse Forums
Autodesk Maya

Autodesk Maya

SideFX Houdini

SideFX Houdini
近日公開

Kitware Paraview

Kitware Paraview

NVIDIA IndeX

NVIDIA IndeX
近日公開

NVIDIA Omniverse Create

Omniverse Create は高度なシーン制作を加速するアプリケーションであり、ユーザーは Pixar USD のシーンを対話式かつリアルタイムで組み立て、照明効果を付け、シミュレーションし、レンダリングできます。

NVIDIA Omniverse View

Omniverse View はシンプルでパワフルなビジュアライゼーション アプリケーションであり、物理的に正確かつフォトリアルな美しい映像で 3D デザイン プロジェクトをレビューできます。

最新の OMNIVERSE コンテンツをご覧ください

Omniverse を探る

Global Collaboration

個人向け

NVIDIA Omniverse オープン ベータ版を無料でダウンロードして未来の構築に活用してください。個人向けの Omniverse では、個人や小規模なチームがリアルタイムでコラボレーションと設計を進め、同時にレイ トレーシングも利用できます。

  • 今すぐダウンロードしてワークフローをシンプルに
  • すべての Omniverse オープン ベータ アプリやコネクタにアクセス可能
  • コミュニティ ニュース、チュートリアル、トレーニングに無料でアクセス
For Enterprise

企業向け

NVIDIA パートナー ネットワークや主要なシステム メーカーによって販売されている NVIDIA Omniverse™ Enterprise プラットフォームにより、リモート 3D コラボレーションや物理的に正確なシミュレーションを企業にもたらします。

  • NVIDIA-Certified Systems™ および NVIDIA RTX™ での企業レベルの導入に最適化
  • Omniverse Nucleus Server、Omniverse Connectors、および Omniverse Create / Viewア プリケーションを含むサブスクリプション
  • NVIDIA エンタープライズ サポートの全サービス

OMNIVERSE で開発

エクステンション、アプリ、コネクター、マイクロサービスを構築することで、Omniverse プラットフォームを簡単に拡張できます。200 種類以上の拡張機能がソース コード付きで提供されているほか、メンバー専用のツール、リソース、トレーニングが用意されています。

サポート

NVIDIA OMNIVERSE AT GTC

最新の 3D デザイン、シミュレーション、コラボレーションに焦点を当てた 60 以上のセッションやスペシャル イベントにご参加ください。

Omniverse で開発

開発者は独自のアプリとプラットフォームの拡張機能を構築、カスタマイズ、作成できます。