NVIDIA Quadro Sync

NVIDIA® Quadro® Sync ソリューションは、業界がビジュアライゼーションや表現に求める、目もくらむような超高解像度で完璧に同期するディスプレイを可能にします。

柔軟性と拡張性を備えた Quadro Sync ボードを一部の NVIDIA RTX および NVIDIA Quadro GPU に接続すると、GPU とそれに接続されているディスプレイまたはプロジェクターが同期されます。また、Quadro Sync によって同期されたディスプレイやプロジェクターでは NVIDIA Mosaic テクノロジを利用できます。あらゆるアプリケーションの解像度を簡単に拡張できるようになります。

Quadro Sync の利点

Quadro Sync

Quadro Sync with NVIDIA RTX と NVIDIA Quadro GPU は Windows 7、Windows 8、Windows 10、Linux をサポートしており、次のことを可能にする堅牢なシステムをもたらします。

  • パフォーマンスに影響を与えることなく、マルチプロジェクター システムやビデオ ウォールで画像の不自然さを抑制
  • 4K プロジェクターや 4K パネルなどのマルチ入力ディスプレイ デバイスへの入力を調整
  • 複数のシステム間でもステレオスコピック 3D を適切に表示
  • ディスプレイやプロジェクターを外部タイミングソースに合わせて調整

Quadro Sync II の主な特徴

Sync カードあたりの GPU の最大数 4
システムあたりの Sync カードの最大数 2*
システムあたりの同期 GPU の最大数 8*
システムあたりのディスプレイまたはプロジェクターの最大数 32*
NVIDIA Mosaic 対応ディスプレイまたはプロジェクターのシステムあたりの最大数 32*
ステレオスコピック ディスプレイ サポート checkbox
プロジェクター オーバーラップ サポート checkbox
Windows Management Instrumentation (WMI) サポート checkbox

超高解像度ディスプレイ システムを自由自在に配置。拡張も可能。

  • 放送局は最大 32* 台の 4K ディスプレイ ビデオ ウォールを使用して、1 つのシステムでオンエア ディスプレイを実現できます。
  • フライト シミュレーターでは、同じサイズのビジュアライゼーション クラスターで、HD 解像度から、入力が 4 つの 4K プロジェクターに移行できます。
  • 研究所では、1 つのシステムで最大 32* 台のディスプレイによるステレオスコピック 3D ディスプレイ ウォールを構築できます。

Quadro Sync II ユーザー ガイド

Quadro SLI ブリッジで同期

デュアル GPU NVIDIA Mosaic を簡単に同期したい場合には、Quadro SLI ブリッジの利用をお勧めします。

NVIDIA マルチディスプレイ エキスパートにご連絡ください。